バドミントン観戦Tips

バドミントンの主に国際試合の情報、観戦に役立ちそうな知識など。リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ: 選手等インタビュー・紹介

タイ・ツーイン(Tai Tzu Ying)は台湾の女子シングルス選手。22歳、身長163cm、右利き。直近の世界ランキング(2017/05/11)は1位。2016年の賞金王です。

 直近2年ほどの戦績

 2016年のリオ五輪はベスト16位と振るいませんでしたが、同じ年の終盤から翌年半ばに掛けて、連続した6回のメジャーイベントを全て優勝という凄い戦績です。
 負けた試合はSSファイナルズのグループリーグの対スン・ジヒュン(韓国)戦の1敗のみで、その結果30戦29勝1敗です。優勝した大会は以下のとおり。

 2016香港オープン(SS)
 2016SSファイナルズ(SSF)
 2017全英オープン(SSP)
 2017マレーシアオープン(SSP)
 2017シンガポールオープン(SS)
 2017アジア選手権(SS格)

 以下のインタビューももちろんその話です。

Badminton Unlimited 第174回所収。

・スーパーシリーズに5連勝し、最近ではアジア選手権も優勝したタイ・ツーインがその結果を誇らしく思っているのは当然のことだろう。
・最近の彼女はキャリアでベストと言って良いプレーをしており、この好調は注目に値する。
TaiTzuYing001
タイ・ツーイン
「どの大会も勝てると思っていたわけではありませんが、いつも自分のベストを出し切れるようにしようと思っています
 それは良い試合を見たいと思ってやって来た観客をガッカリさせたくないからです。」

・昨年から連勝が続いていたが、香港オープンの優勝で世界ランキングで五輪チャンピオンのカロリナ・マリン(スペイン)を抜いて1位に躍り出た。

タイ・ツーイン
「香港オープンに出場する前、周りの多くの人たちが世界ランキングのポイントを計算して、香港オープンに勝てば世界ランキング1位になること教えてくれました。
 準決勝の対戦相手はカロリナ・マリンでした。彼女はとても手強い対戦相手ですから、仮に負けるとしても相手をできるだけ苦しめたいと思っていました。簡単に負けたくありませんでした。
 その試合に勝ち、また周りのみんなが期待してくれた通り決勝戦にも勝ち、世界ランキング1位になることができました。
 世界ランキング1位は特に目標としていたわけではありませんが、ベストのプレーを続けることができた結果ですから嬉しいです。」

・昨年の11月から、台湾のエースとして女子シングルスのヘッドラインを飾り続けている。母国台湾での注目はもちろんのことだ。
・周囲の人々の騒ぎとは逆に、タイ・ツーインは控えめで、世界ランキング1位にはしゃいでいるわけではない。

タイ・ツーイン
「世界ランキング1位になったことはゴールの一つというわけではありません。よいパフォーマンスを続けた結果で1位になることができたというだけのことです。
 1位をどれくらい保持し続けることができるかということもあまり問題ではありません。1位だからと言って、すべての試合に勝てるようになったわけではないからです。
 一つ良かったことといえば試合前に選手紹介をされるときに『世界ランキング1位の』と呼ばれるようになったことでしょうか。
 1週間か10年間かはともかく、保持している限り世界ランキング1位と呼ばれるわけですが、そう呼ばれてみるとやっぱり嬉しいものです。」

・タイ・ツーインの才能あふれるフェイント(deceptive shot)は対戦相手やそのファンにとっては悩みの種だ。
・本能的なフェイントのプレーで優位に立てることは彼女も分かっているが、一方でそれに失敗してしまうとリズムや自信を失ってしまうことも確かだ。
・今はできるだけそういうプレーを減らそうと考えているという。
・彼女によれば一生懸命フットワークをして試合中にバランスや安定感を保つことが好調のカギだったという。

タイ・ツーイン
「フェイントに頼るのではなくもっと正統派のプレーをしたいと思っています。
 今では対戦相手も私がフェイントが得意であることを知っています。
 もっと安定感のあるプレーをしてミスを減らし、ミスのせいで負けるようなことを減らしたいです。
 私はとても頑固な性格で、調子が悪い時にミスをしても同じショットにこだわり続けてしまって、同じミスを繰り返して失点を重ねてしまうという悪い癖がありました。
 今では調子が悪い時はフェイントを使うのは避けるようにしています。」

・スーパーシリーズ5連勝はまれに見る戦績だ。
・しかしタイ・ツーインは結果よりも、試合の中でどういうプレーをできるかという、内容の方に重点を移しつつある。
・それは、勝たなければならないというプレッシャーの中にいるよりも、よりリラックスしている方が上手く行くことが分かってきたからだ。

タイ・ツーイン
「結果よりは過程を重視しています。
 練習の中でかなり努力をしていますが、試合に簡単に勝ったようなときは、練習でやったことを試すことができません。
 試合に負けることもあるが、そういうときは練習でやっていたことを試してみて、そしてより大きな目標を実現したいです。」

・新女王の彼女は8月に行われる世界選手権では有力な優勝候補だろう。
・しかし世界選手権での活躍を期待してるファンはガッカリすることになりそうだ。


タイ・ツーイン
「今年の世界選手権は欠場することになると思います。
 今年は母国台湾で行われるユニバーシアード(world university games)に出場するからです。
 台湾がこのような大きな大会のホスト国になるのは初めてのことなので、台湾に残って手助けをしたいと思います。
 何かを得るためには何かを諦めなければなりません。
 世界選手権は毎年ありますが、台湾が大きな大会を主催することはこれまで何年も無かったことです。
 この大会に参加しなかったら後悔すると思います。
 次の年の世界選手権までこの好調が維持できると期待しています。」

・彼女のプレーを世界選手権で見られないのは残念だが、どんな試合に出ても彼女の不思議なプレーが私達を楽しませてくれることは確かだろう。


動画

2016香港オープン
決勝 vsプサルラ・V・シンドゥ(インド)


2016スーパーシリーズファイナルズ
グループリーグ vsラチャノック・インタノン(タイ)
グループリーグ vsスン・ジヒュン(韓国)
準決勝 vsスン・ユ(中国)
決勝 vsスン・ジヒュン(韓国)


2017全英オープン
準々決勝 vsプサルラ・V・シンドゥ(インド) 
決勝 vsラチャノック・インタノン(タイ)


2017マレーシアオープン
準決勝 vsスン・ジヒュン(韓国)
決勝 vsカロリナ・マリン(スペイン)

2017シンガポールオープン
決勝 vsカロリナ・マリン(スペイン)

2017アジア選手権
決勝 vs山口茜 ハイライト


…『オリンピアンの生い立ち』という3分半の短いドキュメンタリーです。

 いまいち時期が分からないのですが、インタビューの収録は2008年の北京五輪の直前で、その後に編集されたものでしょうか。

 

林丹の母(ガオ・シウユ、Gao Xiu Yu)
「 コーチたちが『彼には才能がある』と言ったのは息子がまだ9歳のときでした。小さな村にとどまっていてはせっかくの才能が無駄になるというんです。 息子は『お母さん、行きたくない』と言いましたが、私は『そのうち訪ねていくからね』と(本心ではないことを)言って送り出しました。息子の将来のことを考えるとちょっとした嘘が必要だったのです。」

林丹
「母に自分を連れ帰って欲しいと思い、ほとんど毎日のように手紙を書きました。」


「週に1回だけ電話で話しました。」

林丹
「母の声を聞くだけでこみ上げて来ました。僕が泣き出すと母も泣いていました。」


「息子が泣いているのは分かりましたし、最初のうちはちゃんと話せないようでしたが、そのうち落ち着かせることができました。息子がかすれた声でしゃべっていたので泣いてるのが分かりましたし、私も泣いていました。」

林丹
「母が断固とした態度だったことには感謝しています。僕がどんなにお願いしても家に連れ帰ることはありませんでした。」


「半年もすると息子も変わってきました。コーチたちも息子のことをとてもよい選手だと言っていました。彼を行かせて正解でした。上達するに従って、息子も私達を必要としなくなっていきました。
 2004年の(アテネ)オリンピックの前まで、私たちはみんな息子のことを精神的に強靭だと思っていました。誰も一回戦で負けるとは思っていませんでした。一回戦敗退で息子も辛かったでしょう。息子には『負けたことをあんまり深く考えないようにしなさい。一からまたやり直せばいい。一つ一つの試合を大切に』と言いました。」

・アテネ五輪 MSドロー …第1シードだがロナルド・スシロ(シンガポール)に1回戦負け。
・北京五輪 MSドロー
・ロンドン五輪 MS決勝トーナメントドロー

↑「リン・ダン、男子シングルスで史上初めて五輪2大会(2008北京・2012ロンドン)連続優勝を達成」
という2分程度の動画(オリンピック公式)
スマッシュを上から取るカメラワークがカッコいいですね。


林丹
「自分のキャリアで一番自分を変えたのは、あの2004年のオリンピックの一回戦負けです。」


「それからの4年間は彼にとっても難しい時期だったでしょう。」

林丹
「この4年はとても消耗させられました。休みはほとんどありませんでしたが、母親と一緒のときだけは安心することができました。不安になったときは実家に戻って来ると母が落ち着かせてくれました。」


「どんな選手にも失敗はあるものです。でも林丹は決して諦めませんでした。彼はいつも前に進み続けました。
 彼がプレーしているところを見るのは緊張するので、試合はめったに見ません。でも今回は最後の(?)オリンピックだから必ず見て応援します。」

林丹
「コートに一歩入ればそこは戦場ですし、究極の勝利のために戦わなくてはなりません。」


「彼は勝つべき試合はすべて勝ってきました。そして北京五輪が(?)最後のステップです。もし勝つことができれば完璧でしょう。」

林丹
「今はあまり勝ち負けにはこだわっていません。今は忍耐が必要な時です。あまり周囲の期待に影響されないようにしています。今一番大切なのは家族、そして母です。」

2008年 北京五輪MS決勝 vs リー・チョンウェイ(マレーシア)
ハイライト(五輪公式) ハイライト

 

 マーカス・フェルナルディ・ギデオン(Marcus Fernaldi Gideon、26歳、168cm、右利き)、ケヴィン・サンジャヤ・スカムルジョ(Kevin Sanjaya Sukamuljo、21歳、170cm、右利き)はインドネシアの男子ダブルスペア。
 2017年全英オープンに優勝。その直後の世界ランキング(2017/03/16)で1位。

2017年全英オープンMD決勝 ハイライト


 以下のインタビューは2017年全英優勝以前のものです。
 この1年ほど前はインドネシア3番手くらいでしたが、ここに来て急上昇しています。
 園田/嘉村と同様、身長170cmくらいでペアを組んでも世界トップクラスまで行けるんだという希望を持たせてくれるペアです。ちなみに全英決勝の相手の中国ペアは195cmと193cmです。

 ギデオンは父も代表選手だったようです。
 スカムルジョはおじがアルベン・ユリアント・チャンドラ(元ユニシス在籍、世界ランキング1位も経験、池田信太郎と組んだこともある)とのこと。


Badminton Unlimited 第153回(2016-12-11)所収。

・インドネシアはワールドクラスの選手を輩出してきたが、とりわけ男子ダブルスでは偉大な選手たちが居る。
・オリンピック金メダリストのレキシー・マイナキー/リッキー・スバグジャ、そして2度の世界選手権優勝ペアのアーサン/セティアワンの名前が挙げられるだろう。
・そしてその後継者たちが出てくる流れはとどまるところを知らない。

・今もっとも期待できる若手ペアが2016年の 中国オープン(SSP)で優勝したギデオン/スカムルジョだ。
GideonSukamuljo001
マーカス・フェルナルディ・ギデオン(左)
「・コーチ陣がいろんなことを指導してくれるので練習への意欲は高い。
・また代表チームには良い選手がいっぱいいるので彼らから学べることも多くある。
・例えばトップクラスに居続けるためにはどうするべきかなどだ。」

・ジャカルタのインドネシア代表の体育館で行われたインタビューで、2016年のブレークやその後もトップレベルを維持していることについて語ってくれた。
・現在世界ランキング4位の2人は別々のクラブでキャリアを重ねてきたが、2人ともバドミントンの面白さを最初に教えてくれた父親に感謝しているところは共通している。

ケヴィン・サンジャヤ・スカムルジョ(右)
「・僕の家の裏にはバドミントン用の体育館があって父はそこでプレーしていた。
・僕はそれを見るのが好きで、見ているうちにバドミントンの虜になった。
・それからバニュアンギの小さなクラブに所属していたが、2007年にジャルムクラブ(Djarum、インドネシアの有名なクラブ)に移籍した。
・代表チームに加わったのはいつだったかはっきり覚えていないが、2012年か13年のころだった。
・ベストの選手だけが選ばれるのが代表チームなので、代表に入れてとても嬉しかった。」

ギデオン
「・バドミントンを始めたのは8歳の頃だった。
・父に教わってタンカス(※クラブ名か?)に入ったがその後すぐ2011年に代表チーム入りできた。
・子供のころから夢だった代表チームには入れて誇らしかった。
・海外の試合に出て海外の強豪と戦えると思うと素晴らしい気持ちだった。」

・その希望はすぐに叶えられた。
・2013年、当時22歳のギデオンは、北京五輪金メダリストのマーキス・キドーとペアを組むことになった。
・そしてギデオンにとっては初めてのメジャータイトルであるフレンチオープン(SS)で優勝を飾った。
・若い彼はキドーのような才能ある選手と組むことができてとても嬉しかったという。

ギデオン
「・幸運だったし彼のような選手と組めて光栄だった。
・自分はそのころ経験が足りなかったが、彼は僕をよく指導してくれたので、多くのことを学ぶことができた。
・マーキスは気さくな人で僕がプレッシャーを感じないように気遣ってくれた。
・彼自身、試合を楽しむことが好きで、プレー内容が良ければ勝ち負けにはあまりこだわっていないようだった。
・大らかな人だった。」

・しかしキドーのキャリアは少しずつ終わりが近づいていたので、ギデオンは新しいパートナーを探さなくてはならなかった。
・そこに20歳のスカムルジョが現れた。
・スカムルジョのパートナーはケガで苦しんでおり、ギデオン/スカムルジョは2015年からペアを組むことになった。

スカムルジョ
「・最初は年上のギデオンから多くのことを習わなくてはならなかった。
・経験のある選手と組んでプレーすることに慣れなくてはならなかった。
・何より彼はスーパーシリーズ優勝経験者だったので。」

ギデオン
「・プレースタイルがやや違っていたのでお互い慣れるまでしばらく時間がかかった。
・お互い上手く行ってると感じ始めたのは2015年の終わり頃だったと思う。」

・2015年7月の台湾オープンでは決勝で敗れ、2人は問題を解決する必要を痛感していたが、3ヶ月後同じ台湾で行われた台北マスターズで優勝しグランプリタイトルを獲得した。
・2016年も勢いは続いており、1月のマレーシアマスターズ(GPG)で優勝。
・3月のインドオープン(SS)でスーパーシリーズに初優勝。
・急速な進歩に2人の自信は高まっている。

ギデオン
「・キドーと組んでいたときにスーパーシリーズに優勝したことはあったが、そのときは彼の力で優勝したと思っていた。
・そしていまはスカムルジョと組んでも同じぐらい上手くやれている。
・僕たち2人で一緒に強くなれたということだ。
・パートナーの経験の力によらずスーパーシリーズに勝てることを示せた。」

スカムルジョ
「・あの勝利でモチベーションがとても上がった。
・あんなに早くスーパーシリーズに勝てるとは思ってもいなかったが、僕らはやれることを示した。
・より多くのスーパーシリーズで勝ちたいと思うようになった。」

・その後2人はオーストラリアオープン(SS)、中国オープン(SSP)に優勝。
・成績が急上昇した今、2人が求めているのは高いレベルでの安定感だ。
・特にリオ五輪出場を逃してからはそうだ。

・ギデオン
「・インドオープンで優勝して以降は成績も良かったのでリオ五輪出場を目指していた。
・しかし(五輪レース終盤の)シンガポールオープン、アジア選手権での成績が悪く五輪には出場できなかった。
・その失望は忘れて今は2020年の東京五輪を目指している。」

スカムルジョ
「・リオ五輪にはとても出場したかったので出場できずとてもガッカリした。
・五輪出場はすべての選手の夢だ。
・2020年に向けてモチベーションを高めて行かなくてはならない。」

・2020年までしばらく時間があるが、2人は正しい方向に向かっていると信じている。

動画

2008年北京オリンピック MD決勝
…ギデオンの前のパートナー、マーキス・キドー北京五輪優勝の動画。
※消されたので"kido setiawan beijing"とかで検索して下さい。


2013年 フレンチオープン(SS) MD決勝
ギデオン/キドーvsクー・ケンキット/タン・ブンヒョン(マレーシア)


2016年 インドオープン(SS)MD決勝
ギデオン/スカムルジョvsアンガ・プラタマ/リッキー・カランダ・スワルディ(インドネシア)


2016年 オーストラリアオープン(SS)
決勝 ギデオン/スカムルジョvsアンガ・プラタマ/リッキー・カランダ・スワルディ(インドネシア)

2016年 中国オープン(SSP)決勝
ギデオン/スカムルジョvsマティアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク)


 リー・チョンウェイ(以下LCW)はマレーシアの男子シングルス選手。身長174cm、右利き、34歳。
 直近の世界ランキングは1位(2017-03-02)。

[主な戦績]
 ・オリンピック:銀メダル3回(2008北京、2012ロンドン、2016リオ)
 ・世界選手権:準優勝3回(2011年、2013年、2015年)
 ・全英オープン:優勝3回(2010年、2011年、2014年)
 ・2009年1月以降で世界ランキング1位は324週。


Badminton Unlimited 第157回(2017-01-03)所収。

[要約]
・LCWは史上最も優れたバドミントン選手の1人であろう。
・十数年に渡って男子シングルスの世界トップレベルで活躍し、選手やファンから尊敬を受けてきた。
・33歳(※当時)の現在も世界ランキング1位である。
LeeChongWei001
LCW
「・マレーシア代表には17年ほど所属しているが、自分に残された時間は1、2年ほどだろう。
・引退するまではバドミントンを楽しみたい。
・みんな僕が引退したあとの予定について知りたがっているが、引退後も代表チームのコーチや何かの形でバドミントンに関わり続けるつもりだ。
・関わり続けることは確かだが、それ以上については今はまだ何も決まっていない。」
ChewLawrence001
ローレンス・チュー(マレーシアバドミントン協会[BAM]ジェネラルマネージャー)
「・LCWはマレーシア国内だけでなく世界的なレベルでバドミントンに大きく貢献してきた。
・彼はトップトーナメントで何年も転戦し続けてきているが、それが可能なのは規律というセンスが備わっているからだ。
・その規律と情熱は、マレーシア若い選手のみならず世界中で彼を目指す若い選手たちに受け継がれると思う。」

・LCWはスーパーシリーズ44勝という輝かしい戦績を誇る。
・しかし2つのメジャー大会、オリンピック・世界選手権での金メダルを獲得できていない。
・2016年リオ五輪も決勝で敗れ、3大会連続銀メダルとなり、引退も噂された。
・しかし現在LCWは2017年の世界選手権を目標としている。

LCW
「・次が僕のおそらく最後の世界選手権となるだろう。
・オリンピックにはほとほと苦労させられた。
・リオは最後のオリンピックだったと言えるが、4大会16年に渡って参加したことになる。
・2017年の世界選手権に出場した後は、自分の体のコンディションがどうかを見て、行けると思ったら2018年もプレーするつもりだ。」

・LCWはマレーシアに栄光と誇りをもたらしたが、引退の時はかならずやって来る。
・そこで大きな疑問は誰が彼の跡を継ぐのかということだ。
・現在マレーシアのMSの2番手はイスカンダール・ズルカナイン・ザイヌッディンだ。
・世界ランキングは現在33位でトップの選手からはまだ遠いが、昨年スーパーシリーズの準決勝に勝ち上がり有望な選手であることを示した。

LCW
「・僕が引退した後は彼が跡を継ぐことになると思う。
・彼にはトップ10に入る実力はあると思うが『次世代のLCW』になるには苦労することだろう。
・でもそれはマレーシアだけのことではなく、中国・インドネシア・デンマークも同じ状況に直面している。
・中国が次のリン・ダンを生み出すのはとても難しいだろう。
・インドネシアのタウフィック・ヒダヤット、デンマークのピーター・ゲードの後継者を見つけ出すのに苦労している。
・僕の後継者を見つけ出すのも簡単なことではなく、それには忍耐が必要だろう。」
ZulkarnainIskandar001
イスカンダール・ズルカナイン 戦績
「・自分がLCWの位置に取って代わることは想像もできない。
・マレーシア人にとってLCWは別格な選手なので、当分のあいだ彼に取って代わる選手は現れないと思う。」

・次世代のマレーシア選手たちはLCWから彼の勝利へのこだわりを学ぶことはできるだろう。
・妥協のない厳しい練習など彼がバドミントンのために捧げてきたものが無かったとしたら、今日の彼の地位はなかっただろう。

ローレンス・チュー
「・マレーシアの若い選手たちの中には、LCWの後を継ぐことがどれほど難しいことなのか分かっていない者もいる。
・LCWの後継者は簡単には現れないだろう
・LCWに『今のレベルにどうやって達することができたのか』と聞けば、どれほど多くの練習をこなしてきたかについて答えてくれるだろう。
・じっさい彼は長年に渡って信じられない程の練習をこなしてきた。
・若手選手たちも彼と同じくらいそれをやることができれば、彼の後継者になる者が現れるかもしれない。」

LCW
「・マレーシアには若い有望な選手が多くいるが、彼らの中には大志や一番になろうという勇気が欠けた選手もいる。
・自分が若かった頃を思い出してみると、練習や試合のあいだ、自分は高い期待を持ち高い目標を設定していた。
・そういう面で自分の態度はチームメイトたちとは違っていたし、コーチが練習中になんと言おうと、自分が誰よりもしっかりと練習をやろうと思っていた。
・どんな練習内容であっても、自分がいちばん上手くやろうとしていた。
・それが今ある自分を作ったのだと思う。
・若手選手たちも夢を追って、決して諦めないでほしい。」


動画

2016年マレーシアマスターズ[GPG]
決勝 リー・チョンウェイvsイスカンダール・ザルカナイン・ザイヌッディン
ハイライト


2011年全英オープン
決勝 リー・チョンウェイvsリン・ダン(中国)


2014年全英オープン
決勝 リー・チョンウェイvsチェン・ロン(中国) ハイライト

公式配信は映像が乱れるところがあります。
ハイライトはできが良いです。

↑このページのトップヘ