2015年 / 2016年

・賞金等についてのまとめはこちら
・これまでの累積の獲得賞金額は世界ランキングに載っています。
ちなみに山口茜の2017年12月末時点での累積獲得額は490,970ドル(約5400万円@1ドル=110円)。

2017年の賞金ランキング


順位選手国籍(種目)獲得賞金額
(USドル)
1山口茜 Akane Yamaguchi日本(WS)261,363
2チェン・チンチェン Chen Qingchen中国(WD,XD)256,551
3タイ・ツーイン Tai Tzu Ying台湾(WS)240,050
4スリカンス・キダンビ Srikanth Kidambi インド(MS)236,423
5チェン・シウェイ Zheng Siwei中国(XD)207,581
6フアン・ヤーチョン Huang Yaqiong中国(WD,XD)195,507
7ケヴィン・サンジャヤ・スカムルジョ Kevin Sanjaya Sukamuljoインドネシア(MD)186,625
7マーカス・フェルナルディ・ギデオン Marcus Fernaldi Gideonインドネシア(MD) 186,625
9ヴィクター・アクセルセン Viktor Axelsenデンマーク(MS)165,550
10リー・チョンウェイ Lee Chong Wei マレーシア(MS)165,188
11プサルラ・ヴェンタカ・シンドゥ Pusarla Venkata Sindhuインド(WS)159,275
12ラッチャノク・インタノン Ratchanok Intanonタイ(WS)149,813
13チェン・ロン Chen Long中国(MS)135,153
14イ・ソーヒー Lee So Hee韓国(WD)131,799
15ジァ・イーファン Jia Yifan中国(WD)112,483
16ツァン・ナン Zhang Nan中国(MD,XD)106,138
17カールステン・モゲンセン Carsten Mogensenデンマーク(MD)99,624
17マティアス・ボー Mathias Boe デンマーク(MD)99,624
19佐藤冴香 Sayaka Sato日本(WS)99,095
20奥原希望 Nozomi Okuhara日本(WS)97,913
21リュー・ユーチェン Liu Yuchen 中国(MD,XD)97,388
22クリスティナ・ペダーセン Christinna Pedersen デンマーク(WD,XD)97,318
23米元小春 Koharu Yonemoto日本(WD)96,828
24田中志穂 Shiho Tanaka日本(WD)94,043
25カロリナ・マリン Carolina Mスペイン(WS)93,673

・上は海外のバド情報サイトBadzineが集計、発表した2017年賞金ランキングです。
Akane Yamaguchi top badminton 2017 prize-winner with US$261,363 Badzine 2017-12-26
・ランキング(50位まで)
(.pdf)http://www.badzine.net/wp-content/uploads/Badzine-Top-50-Badminton-Prize-Winners-of-2017.pdf

全般


・個人に付くスポンサーマネーなどは含まれない賞金のみのランキングです。
・賞金の配分は5種目ほぼ均等で、シングルスとダブルスもほぼ同じ金額です。
・とはいえダブルスはそれを2人で分けることになるのでシングルスの約半分になります。
・ただしダブルスとミックスを兼任して両方で勝ち上がる選手(いわゆる"ダブルスダブル")は、2種目から賞金が入るので、シングルス選手と比べても遜色ない金額になります。

2017年の傾向


・トップ3を女子が占めました。
・賞金1位は山口茜。コンスタントに上位に入った結果ですが、もちろんSSファイナル優勝の8万ドルも大きいでしょう。
・同じWSでは、奥原希望は世界選手権優勝という最大の名誉があったものの世界選手権の賞金はゼロのため、またその後のケガもあり、結果は20位止まり。

・賞金2位のチェン・チンチェンは2016年に引き続きWDとXDのダブルダブルスで稼ぎまくり、2014年のツァオ・ユンレイの246,144ドルの記録を上回り、史上最も稼いだダブルス選手となったとのこと。

・MDではギデオン/スカムルジョが勝ちまくったものの、やはりMD一本槍ではシングルスほどは稼げず7位止まり。とはいえMSのアクセルセンを上回っています。

・それ以外についてはやや世界ランキングと賞金ランキングの関連が薄くなっています。
・MSでは、世界選手権に優勝し世界ランキングも1位のアクセルセンは、賞金では9位止まり。MSで賞金が一番高かったのは意外にも(?)スリカンスで、SSファイナルには勝っていませんが、シーズン序盤から中盤にかけて大きく稼いでいたようです。
・WDでは高橋/松友は世界ランキング1位から陥落したものの2位を維持しています。しかし賞金では松友が33位、高橋が40位で、他の日本人WD選手、米元/田中、廣田(32位)らの下になっています。

・2018年は賞金額の増加が予定されており、1位は35万ドルくらい行くのではないかと思います(当てずっぽう)。