バドミントン観戦Tips

バドミントンの主に国際試合の情報、観戦に役立ちそうな知識など。リンクはご自由にどうぞ。

2017年02月


2016 by the numbers: Badminton’s bests, mosts, and firsts of last season - Badzine 2017-01-09

メジャータイトル最多獲得数:7

・高橋礼華/松友美佐紀(日本WD)
 …スーパーシリーズ4勝(全英SSP、インドSS、インドネシアSSP、デンマークSSP)、アジア選手権、マレーシアマスターズGPG、リオ五輪で優勝。

カテゴリーをまたいでメジャータイトル最多獲得数:12

・チェン・チンチェン(中国WD、XD) 
… WD、XDの両方で合わせてSS6勝、GPG6勝。

ダブルダブルス:5回

1大会でMDまたはWDとXDを同時に優勝すること。

・チェン・チンチェン(中国WD、XD)  → 3回
 ・SS:フレンチオープン、SSファイナルズ
 ・GPG:ビットブルガーオープン

・コ・スンヒュン(韓国MD、XD) → 2回
 ・GPG:ドイツオープン、韓国マスターズ


異なる選手/ペアによるSS優勝:11

2016年はMSでは13戦のうち11の異なる選手が優勝している。
2勝以上したのはリー・チョンウェイのみ。
逆に最も同じ選手/ペアが優勝したのはXDで、13戦のうち6ペアのみが優勝している。

GPGはもっと多様であり、MDでは14戦で13の異なるペアが優勝。
コ・スンヒュン(韓国)とケヴィン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア)がそれぞれ別の選手と組んで2勝している。

母国SS優勝:6回

4大会で6選手/ペアが成し遂げた。

・マレーシアオープンSSP → リー・チョンウェイ(MS)
・デンマークオープンSSP → フィッシャー/ペダーセン(XD)
・香港オープンSS → グ・カロン・アンガス(MS)
・韓国オープンSS → イ・ヨンデ/ユー・ヨンソン(MD)、ジュン・キュンウン/シン・スンチャン(WD)、コ・スンヒュン/キム・ハナ(XD)

あるSSにおいてすべてのカテゴリで違う国の選手/ペアが優勝:3回

マレーシアオープンSSPインドネシアオープンSSP香港オープンSSの3回。
GPGでは、マレーシアマスターズ、ベトナムオープンの2回。

あるSSにおいてすべてのカテゴリで同じ国の選手/ペアが優勝:1回

いわゆる一つのSweep。
韓国マスターズGPGのみ。

中国が4勝しスウィープしそうだったのはフレンチオープンSS、3回のGPGがある。

※この件に関しては、ロンドン五輪で中国が全カテゴリで金メダルを取って以来、毎大会ごとにしつこく言われるようになった気がします。なぜかと言うと、中国が勝ちすぎたせいで、「1国のみが勝つようなスポーツが五輪にふさわしいのだろうか?五輪から除外するべきでは」とどうもオリンピック協会から目を付けられたらしいんですね。

タイトル初獲得国:1

デンマークのトマス杯初優勝がありました。
試合動画一覧はこちら

トマス杯
ユーバー杯は1984年に中国が勝って以降、長らく新しい優勝国が現れなかった。
トマス杯はマレーシア、インドネシア、中国の3カ国のみ、ユーバー杯もアメリカ(!)、日本、インドネシア、中国の4カ国のみという状態が長く続いていた。

変化が現れたのは2010年で、この年韓国がユーバー杯に初優勝。しかしその後は中国3連勝している。
トマス杯は2014年に日本が初優勝、そして昨年2016年にデンマークが初優勝を果たした。
ちなみに2016年大会では中国が準決勝にも残れなかったが、これは1982年以来のことだった。

新世界ランキング1位:7名

WS ラチャノック・インタノン(タイ)、タイ・ツーイン(台湾)
MD ゴー・V・シェム/タン・ウィーキョン(マレーシア)
XD キム・ハナ(韓国)、チェン・シウェイ/チェン・チンチェン(XD)

これは同じく7名だった2010年以来の多さ。
 天使のチンチェン、悪魔のキムハナ。

SS初優勝:23名

そのうちMSが6名、MDが8名。
タノンサック・サンソンブーンサック(タイMS)、シー・ユーチー(中国MS)、ケヴィン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシアMD)はGPGを初優勝した26名の中にも含まれている。

ティーンエイジャーSS優勝者:5名

山口茜(日本WS)、ホー・ビンジャオ(中国WS)、チェン・シウェイ(中国XD)、チェン・チンチェン(中国WD、XD)、ジア・イーファン(中国WD)が19歳で優勝。
ティーンエイジャーGPG優勝者は山口を除いた4名に加え、ケヴィン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシアMD)、チェン・ユフェイ(中国WS)、リ・インフイ(中国XD)の計7名。

※そもそも山口に関しては16歳でジャパンオープンSSに優勝していますから今さらですが。


3週連続SS優勝

ラチャノック・インタノン(タイWS)が3週連続SS優勝を達成。
動画等は「インタノン、SS3連勝で初の世界ランク1位獲得」を参照。
これはシングルスでの達成であって、ダブルスではイ・ヨンデ/ユー・ヨンソン(韓国MD)が達成したことがある。
また3週連続ではなく、SS3大会連続ということ2011年のワン・シン(中国WS)、2012年のリ・シュエルイ(中国WS)が達成している。


世界ランキング1位経験者の引退:10?

春に引退
・サラリー・トゥントーンカム(タイXD)
・カイ・ユン(中国MD)

五輪前に引退、BWFの届出は五輪後
・ワン・シーシャン(中国WS)
・ティアン・チン(中国WD)

五輪後引退
・ワン・イーハン(中国WS)
・ユー・ヤン(中国WD)
・ツァオ・ユンレイ(中国WD、XD)…世界ランキング1位のまま引退
・イ・ヨンデ(韓国MD)…世界ランキング1位のまま引退
・マー・ジン(中国XD)
・フー・ハイファン(中国MD)?…2016年のSSファイナルズを最後に引退するとされていたが、この大会を欠場し、いっぽうBWFもランキングから除外はしていない。

※サラリー・トゥントーンカムについてはトーナメントソフトウェアによると世界ランキング2位(XD2011/08/11)が最高のようですが、どうなんでしょう?


最高齢SS優勝:37歳 最高齢SSシングルス優勝:33歳 最高齢GPGシングルス優勝:36歳

ヨアキム・フィッシャー・ニールセン(デンマークXD)
…2015年に最高齢36歳での優勝を果たしていたが、2016年37歳でこれを更新した。
中国XDのチェン・チンチェンが19歳でXDの最年少優勝者となったため、最年少優勝者の2倍の年齢で優勝という記録には1ヶ月足りなかった。


イ・ヒョンイル(韓国MS)
…2015年に35歳で最高齢GPGシングルス優勝を果たしていたが、2016年に36歳でこれを更新した。
フレンチオープン(SS)で決勝進出し、SSの最高齢記録を更新する可能性もあったがシー・ユーチー(中国)に阻止されている。

リー・チョンウェイ(マレーシアMS)
…ジャパン・オープンに優勝し最高齢SSシングルス優勝(33歳、34歳まであと数週間の時点)記録を果たしている。

ロバート・マテウジアク(ポーランドXD)
…イ・ヒョンイルが最高齢GPGシングルス優勝を果たしたのと同じ日に、40歳優勝を達成しそうだったがあと数点およばなかった。彼は既に39歳でのタイトル獲得記録を保持している。

最長試合:161分

與猶くるみ/福万尚子(日本WD)vsマヘスワリ/ポリー(インドネシアWD)の試合。
BWFは最長試合と主張しており実際これは正しい可能性が高いが、それ以前の最長記録が何分だったかの言及はない。またどれだけの試合時間のデータがあるか、どれだけの試合時間のデータから検索したのかについての説明はない。試合数は数万から数十万試合におよぶ可能性がある。


スーパーシリーズのタイトル防衛成功:3回

2016年のSSのタイトル防衛はそれぞれのダブルスで1回ずつにすぎなかった。
・WDで高橋/松友がインドオープンSSのタイトル防衛に成功(2年連続優勝)。
・XDでシュー・チェン/マー・ジン(中国)がインドネシアオープンでタイトル防衛に成功。
・MDのイ・ヨンデ/ユー・ヨンソン(韓国)が韓国オープンのタイトル防衛に成功。この試合はイ・ヨンデの現役最後の試合だった。

1つの大会での最多優勝記録:11勝

リー・チョンウェイがマレーシアオープン(SSP)で優勝を果たし、マレーシアオープンでの優勝11回という驚きの記録を達成した(ただし2007年にスーパーシリーズが開始する前の記録を含めた場合)。
マレーシアオープンの次に多く勝っているのがインドネシアオープンとチャイナマスターズでこれがそれぞれ6勝。
またリン・ダンによる全英オープン6勝という記録もある。

カテゴリーをまたいだ記録ではイ・ヨンデが4人の異なるペアで韓国オープン7勝を達成している(※MDとXDを合わせての意味)。
グランプリレベルではロシアのウラジミール・イワノフがイワン・ソゾノフと組んでロシアオープンにMDで6勝している。ただしシングルスで2勝もしておりこれを加えれば8勝となる。

2017年第9週(2/28-3/5)ドイツオープン[GPG]

@ドイツ、ミュールハイム・アン・デア・ルール
german open badminton 2017

ドロー / 試合一覧

協会レポート
BWF動画公式 > 動画リスト

・時差:日本が8時間進んでいる
現地で12時開始 → 日本で20時開始

・日本人出場選手
MS 上田拓馬、下農走、坂井一将、常山幹太、小野寺裕介、西本拳太、渡邉航貴、五十嵐優
WS 山口茜[2]、佐藤冴香[7]、峰歩美[8]、三谷美菜津
MD 嘉村健士/園田啓悟[1]、遠藤大由/渡辺勇大、井上拓斗/金子祐樹、保木卓朗/小林優吾
WD 與猶くるみ/福万尚子[1]、田中志穂/米元小春[8]、福島由紀/廣田彩花、東野有紗/栗原文音
XD 数野健太/栗原文音[6]、渡辺勇大/東野有紗、小林優吾/米元小春

昨年 2016年のドイツオープン[GPG]

ドロー
BWF公式動画リスト
  SF-WS 山口茜vsワン・シーシャン(中国)
  SF-MD 早川/遠藤vsイ・ヨンデ/ユー・ヨンソン(韓国)
  F-MS リン・ダン(中国)vsチョウ・ティエンチェン(台湾) ほか


次週 2017年第10週全英オープン[SSP]

ドロー

----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2017年国際大会カレンダー(BWF公式 / BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

 もう3年前のことになりますが2014年はBWF設立80週年でした。
 BWF年次レポート2014年版(.pdf BWF Annual Report 2014 p10-11)に年表が載っていたので訳します。
BWF-80-years
・1934年7月5日
 IBF(BWFの前身)が設立される。イングランドバドミントン協会(Badminton Association、現在のBadminton England)が各国協会を招集した。カナダ、デンマーク、イングランド、フランス、アイルランド、オランダ、ニュージーランド、スコットランド、ウェールズの代表が連盟設立の提案に賛成し、IBFが設立された。


・1948-1949
伝説的な選手でIBF会長のサー・ジョージ・トマスにより提案されたトマス杯(男子団体世界選手権) が1949年、10ヵ国の参加によりイングランドのプレストンで初開催される。マラヤ連邦(後のマレーシア)が8-1でデンマークに勝利し優勝した。




※サー・ジョージ・トマス(Sir George Thomas,1881-1972)
1906年から28年にかけて、全英で優勝21回(MS4回、MD9回、XD8回)。
テニスやチェスでも才能を発揮した。
テニスでは1911年のウィンブルドンでMSの準々決勝進出、MDで準決勝進出。
チェスでは2度イギリスのチャンピオンになっている。 
トマス杯開催を提案したのはテニスのデビス杯やサッカーのワールドカップに影響を受けたからだという。


・1956年
イングランドのベティ・ユーバーが女子団体世界選手権(ユーバー杯)の開催を提案。
第1回大会はイングランドのランカシャーで11ヶ国によって争われ、アメリカがデンマークを6-1で下し優勝した。

※ベティ・ユーバー(Elizabeth "Betty" Uber,1906-1983)全英で優勝13回(WS1回、WD4回、XD8回)。


・1962年
インドネシアのジャカルタで開催された第4回アジア大会でバドミントンが初採用される。開催国インドネシアが4つのうち3つのタイトルで優勝。XDは第5回大会から行われた。


・1972年
ミュンヘンオリンピックでエキシビションスポーツとしてバドミントンが行われる。


・1977年
スウェーデンのマルモで初めての世界選手権が開催される。デンマークがMSのフレミング・デルフス(Flemming Delfs)、WSのレネ・コッペン(Lene Koppen)の優勝を含む3タイトルを獲得。


・1978年
中国のIBF加盟問題を巡ってIBFから離脱する国々が出る。中国を中心としてWBF(World Badminton Federation)が設立。


・1979年
初の賞金の掛かったトーナメントであるフレンズ・プロヴィデント・マスターズ(Friends Provident Masters)がロンドンのアルバート・ホールで始まる。プロバドミントン時代が幕を開けた。


・1981年
WBFがIBFに合併することでバドミントン連盟の再統合が実現。中国がIBFに加盟し、最初の世界大会で5タイトルのうち4タイトルを占め、大きな影響を示した。

・1984年
トマス杯とユーバー杯が初めて同時に開催された。ただし試合の方式は以前の9試合のうち5勝した方が勝ちという方式から5試合して3勝した方が勝ちという方式へ改められた。


・1985年
6月5日、東ベルリンで開催された国際オリンピック委員会(IOC)でバドミントンが1992年のバルセロナ五輪から正式競技として採用されることが決定した。また1988年のソウル・オリンピックでデモンストレーションとして行われることも同時に決定された。


・1989年
個人の世界選手権と同時に団体混合バドミントン選手権としてスディルマン杯がジャカルタで開催された。スディルマン杯の名前はインドネシアバドミントン協会(PBSI)設立者のディック・スディルマンに因んだもの。


・1992年
バルセロナ五輪で五輪スポーツとして採用された記念すべき年。4つのカテゴリーで試合が行われ、インドネシアのアラン・ブディクスマとスシ・スサンティ(現在では夫婦)が「ゴールデンカップル」として活躍。それぞれシングルスで金メダルを獲得したが、これはバドミントン以外のすべてのスポーツを含め、インドネシアとして初の五輪での金メダルであった。
またこの年、世界ジュニア選手権も初めて開催されている。 

オリンピック優勝のシーンを集めた動画(5:28)
20 years of Badminton in the Olympic Games - 1992 to 2012


オリンピックバドミントン競技メダリスト一覧 - wikipedia

・1996年
アトランタ五輪でバドミントンにミックスダブルスが加わり、また3位決定戦も開催されるようになった。


・2003年
スディルマン杯が個人の世界選手権と同時ではなく単独のイベントとして開催されるようになった。 


・2005年
6月、IBF本部がUKのチェルトナムからマレーシアのクアラルンプールに移転した。


・2007年
最も格の高い国際的なトーナメントとしてスーパーシリーズがこの年から開始された。


・2008年
その年の最後に行われ上位8名/8ペアのみが招かれる、スーパーシリーズ・ファイナルズが導入された(当初の名称はスーパーシリーズ・マスターズ・ファイナルズだったが翌年に改名)。


・2011年
BWFのバドミントン教育プログラム、シャトル・タイム(Shuttle Time)が開始された。シャトル・タイムは安全で楽しいバドミントンを教えらえる先生やコーチを育成するプログラムで、初回はトンガで行われた。現在では5大陸65ヵ国で行われている。最新(2014年)のものは今週ドバイで行われた。


・2011年
スーパーシリーズのうち5大会にプレミアの格が与えられ、トップ選手たちの出場が義務付けられた。
6月、BWFはパラ・バドミントンの統括する国際機関となった。
8月、BWFの公式チャンネルであるBadmintonWorld.TVが立ち上げられ、すぐに人気を得ることができた。現在では2,500以上の動画で6000万回の視聴回数を誇っている。動画は試合、選手、パラ・バドミントン、シャトル・タイム、コーチング、スポンサー関連のプロモーションと多岐に渡る。


・2012年
BWFは新しいロゴを公開した。バドミントンを象徴するシャトルの形にBWFの文字が書かれた現代的で力強くシンプルなロゴである。
BWF-logo

・2013年
BWF加盟各国協会は新しい会長として、デンマーク人で1996年アトランタオリンピックの男子シングルス金メダリスト、ポール・エリク・ホイヤーを選出した。前任は韓国人のカン・ヨンジュン博士。また評議会には過去最高となる6人の女性が選出されている。

この年、中国のリン・ダンが前人未到(シングルスのみで)の5回目の世界選手権優勝を果たした。またタイのラチャノック・インタノンが18歳で世界選手権最年少優勝を果たしている。

2013年世界選手権
MS決勝 リン・ダン(中国)vsリー・チョンウェイ(マレーシア) ハイライト 

WS決勝 ラチャノック・インタノン(タイ)vsリ・シュエルイ(中国)
 


12月、インスタント・レビュー・システム(チャレンジのシステム)がクアラルンプールで行われたSSファイナルズ から導入された(「インスタント・レビュー・システム(いわゆるチャレンジ)」参照)。このシステムは線審のより正確なジャッジを手助けする技術である。
2014年の初頭にはホークアイ社とシステム供給の契約を結んでいる。
歴史的な初のリー・チョンウェイによるチャレンジは見事成功した。
(※ちなみに初のチャレンジ失敗は高橋/松友だったはず…)

またこの年180番目の加盟協会としてモナコが加わった。


・2014年
ロシアのソチで行われた第126回のIOC総会でBWF会長のポール・エリク・ホイヤーがIOCのメンバーとして承認された。これ以前のBWFの評議会の2人メンバー、2012年のLi Lingweiや2013年のDagnawut Girmay Berhaneに次いで3人目となる。

この年、スポンサーが目立って増えている。世界的な保険会社メットライフがスーパーシリーズの冠スポンサーとして4年(2014-2017年)の契約を結んだ(「国際大会スポンサー一覧」参照)。

メットライフ以前のスポンサーとしては2013年までのSSのスポンサーOSIM。2016年までの大きな大会のスポンサーとしてはリーニン(バドミントンを中心とした中国のスポーツメーカー)、レッドブル・チャイナ、Cheryなど。一方でIMG Mediaが2014-2017年の4年契約でBWFのスーパーシリーズとグランプリゴールドの放映権を得ている。

またこの年オーストラリアがスーパーシリーズを開催するようになり(アジア、ヨーロッパに次いで)オセアニアもSSを開催する大陸連盟となった。

・2014年4月
BWFとドバイスポーツ評議会がスーパーシリーズファイナルズを2014-2017年に開催することに合意。同時にシャトルタイムドバイ(学校やクラブでの普及活動)も行われることとなった。

・2014年7月5日
BWF80周年おめでとう!
 

2017年第7週(2/14-19)アジア混合団体選手権[BWF]

@ベトナム、ホーチミン市
Badminton Asia Mixed Team Championships 2017

ドロー / 試合一覧
…日本はグループC > 決勝トーナメント 


協会レポート
バドスピ > ニュース
グループリーグ:フィリピン戦ベトナム戦タイ戦
決勝トーナメント:QFインドネシア戦、SF中国戦、F韓国戦

・時差:日本が2時間進んでいる
現地で12時開始 → 日本で14時開始

日本人出場選手
男子 遠藤大由(MD)、保木卓朗(MD)、嘉村健士(MD)、数野健太(XD)
   西本拳太(MS)、坂井一将(MS)、園田啓悟(MD)、渡辺勇大(XD)
女子 東野有紗(XD)、栗原文音(XD)、松友美佐紀(WD)、佐藤冴香(WS)
   高橋礼華(WD)、田中志穂(WD)、山口茜(WS)、米元小春(WD)

※昨年の同時期はアジア団体選手権でした(男女別、トマス杯・ユーバー杯の予選を兼ねる)。

再来週 2017年第9週 ドイツオープン[GPG]

ドロー

次回SS 2017年第10週 全英オープン[SSP]

ドロー

----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2017年国際大会カレンダー(BWF公式 / BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

↑このページのトップヘ