バドミントン観戦Tips

バドミントンの主に国際試合の情報、観戦に役立ちそうな知識など。リンクはご自由にどうぞ。

2016年02月

 Badzineによればインドネシアのライアン・スクマワン選手が心臓発作で急逝したとのこと。


左からライアン・スクマワン、ピア・ゼバディア・ベルナデス、ボナ・セプタノ。

----
Rian Sukmawan passed away - Bazine 2016-02-27

[要約]
・27日中部ジャワ州スマランで行われたエキシビションマッチを終えたあと心臓発作で倒れ、そのまま亡くなった。
・パートナーのヨナタン・スリャタマ・ダスキによれば「試合を終えてすぐあと、突然気を失った。友人たちが病院に運ぼうとしたがすでに手遅れだった。」

・ライアン・スクマワンは創造性にあふれる選手で、いつも笑顔を絶やさなかった。
・2010年にダスキとともに男子ダブルスで世界ランキング14位が最高。
・他にマルキス・キドー、レンドラ・ウィジャヤなどとも組んだ。
2009年ジャパン・オープン(SS)で決勝進出したが、キドー/セティアワンに敗れている。
2011年ロシア・オープン(IC)優勝。
・国際的に大きな試合は2014年のインドネシアオープン(SSP)出場が最後。

・ダスキ「僕が怠けてしっかり練習しなかったのでいつも叱られていました。そういうときはコート上であまり集中できなかったものです。彼はいい人でした。タフな試合のときは彼はあまり体が良くなかったので、体力回復のために長い時間をとっていました。でも彼はいつもとても激しくプレーしようと努めていました。彼の死はとても悲しいです。」

----
 モゲンセンの重病があったと思ったらまたキツイニュースが。
 各国選手もtwitterなどでお悔やみを述べています。
 ご冥福をお祈りします。

2016-03-12追記。
中国協会が拒否したためこの話は流れました。
詳しくはこちら

----
もちろんモゲンセンが治るまでの一時的なものだとは思いますが。

Cai-Boe to feature at Malaysia Open - Badzine 2016-02-27

[要約]
・マティアス・ボー(デンマーク、35歳)とカイ・ユン(中国、36歳)がペアを組んで、4月のマレーシア・オープン(SSP)にエントリーしたことが分かった。
・ボーはパートナーのモゲンセンが脳動脈瘤破裂を発症しエントリーを取り下げざるを得なかったため。
・二人はロンドン五輪決勝で顔を合わせている。
・二人で合わせてSS28勝だがともにマレーシア・オープンを勝ったことはない。
・カイ・ユンは昨年11月の香港オープン以来の国際大会出場。
・カイ・ユンの以前のパートナー、フー・ハイファンはツァン・ナンと、ルー・カイはリュー・チェンとそれぞれ組んで出場する。

(.xlsx)マレーシア・オープンのエントリーリストはこちら

----
 この二人はインドリーグとかで一緒に練習くらいはしたことあるかもしれないですね(あとから知りましたがデンマーク勢は中国のお正月のイベントなどにも参加してるようなのでもっと機会はあるかも)。
 ただ二人とも前衛タイプなのでどうなるか。

2012年ロンドン五輪MD決勝
カイ・ユン/フー・ハイファン(中国)
vs マティアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク)

 BWFの公式動画にBadminton Unlimitedというシリーズがあり、毎週ハイライトや注目選手のインタビューが出ます。そのインタビューを記事にしたものがBWF公式サイトにありましたので、その範囲で訳します。 

 今回はイ・ヨンデ/ユー・ヨンソンです。韓国1番手のMDペアで、現在世界ランキング1位。ちなみにユーの奥さんは日本人らしいですね。


シリーズ第107回所収。
2016年のBadminton Unlimitedの動画リストはこちら

We Help Each Other: Lee & Yoo - BWF公式 2016-01-20

[要約]
・昨年史上初のSS4連勝(日本、韓国、デンマーク、フランス)を果たした。
・またオーストラリア、香港も優勝し、年間SS6勝はMDでは初。
・強さの理由は?

イ・ヨンデ
「・まず強いパートナーシップ。
・それから対戦相手、特に自分たちより強い相手を研究することが重要。
・2014年は彼らの弱点を見つけることができず勝てなかった。
・2015年は彼らを継続的に観察し分析することで勝てるようになった。」

ユー・ヨンソン
「・常に強いプレッシャーを感じているのは確か。
・しかし優勝することや試合に勝つことより、目の前に試合でどうプレーするかに集中することでプレッシャーに打ち勝てる。
・(他の韓国のペアと)チームとして練習するときも実際の試合のように真剣にやっている。
・他のペアともお互いの強みや弱みを話し合い、アイデアを出し合っている。
・どの大会も試合も同じように意義深いので記憶に残った瞬間を選ぶのは難しい。」

----
その他動画ナレーションから
・2013年にペアを組み始めてからこれまでSS14勝。
2014年8月の世界ランキングから現時点まで1位を維持している。
・イ・ヨンデはこれまでSS通算41勝。

----
2015年 ジャパン・オープンMD決勝
イ・ヨンデ/ユー・ヨンソン(韓国)vsフー・ハイファン/ツァン・ナン(中国)

 デンマークの男子ダブルス1番手、ロンドン五輪銀メダリスト、カールステン・モゲンセン(Carsten Mogensen)が脳の動脈瘤破裂で倒れたことは先に書きました。またヨネックス公式も以下のように伝えています。


その続報です。容体は安定しているようです。

Mogensen jokes: “I will just ride a bicycle home”
- Badzine 2016-02-24

[要約]
パートナーのマティアス・ボーのフェイスブックによれば
・手術後、まだ食事はしていない。
・ひどい頭痛はあり困難ではあるもののしゃべることや歩くことはできる。
・ボーによれば「イマイチなジョーク」は健在で、飛行機の座席に座って帰ることはできないと告げられると、「それじゃ自転車に乗って帰らないと」と答えたという。
・脳動脈瘤破裂の死亡率は40%だがモゲンセンの容体はすでに峠は越したと見られる。

----
大丈夫みたいですね。後遺症とか心配はあるみたいですけど。
↓以前他のページに載せましたがこちらに移しておきました。

・リーニン・バドミントンからのエール
「早く良くなってください、カールステン・モゲンセン。
私達の祈りはあなたとともにあります。」

・フランス代表からのエール
 「今日の決勝のあとフランスチームからのすてきなお便り。(ロッカーの)カールステンの方に掛けられてありました。」
 「君のプレーには感動させられる(inspiring)!グッドラック、カールステン」

----
このペアにとって重要そうな試合の動画をまとめておきました。

2015年全英オープンMD決勝
マティアウ・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク)
 vs フー・ハイファン/ツァン・ナン(中国)


2012年ロンドン五輪MD準決勝
マティアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク)
vs ジュン・ジェサン/イ・ヨンデ(韓国)


2012年ロンドン五輪MD決勝
マティアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク)
vs カイ・ユン/フー・ハイファン(中国)


2011年全英オープンMD決勝
マティアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク)
vsクー・ケンキット/タン・ブンヒョン(マレーシア)

↑このページのトップヘ