桃田のこれまでを振り返ります。
 桃田賢斗は日本の男子シングルス選手。世界ランキングは最高時2位(2016年4月7日)。22歳、身長175cm、左利き。スーパーシリーズ4勝。

 桃田賢斗 - Wikipedia

 ところで、ごぞんじの通り桃田がランキングサーキットで1年ぶりの国内復帰戦を戦っています。見た感じプレーにあまり変わりは無いように思います。
 2回戦以降はSMASH and NET.TVからご覧ください。

 (※ちなみにランキングサーキットのほか全日本社会人、全日本実業団などの日本国内の試合動画はSMASH and NET.TVtv2ne1に上がることがあります。)

日本ランキングサーキット
1回戦 vs 和田周 別角度1st2nd


決勝 vs 上田拓馬


 WSの奥原もそうですが、なぜかトップクラスの選手は大怪我や休養・長期離脱しても1年くらいで普通に戻ってくることが多いので(しかも順位は元通り)、別に怪我したわけでもない桃田なら大丈夫でしょう。
 世界トップレベルでの試合勘はまだ戻ってないでしょうが、スーパーシリーズを転戦する日々も遠くなさそうです。
 アクセルセンなどライバルたちにどれくらい差を付けられたか、あんまり差がついてないのか気になりますねー。

2009年

中学3年の年。国内的には全中で優勝しています。

・11月 韓国国際 試合一覧
この年はこの1大会だけですが、韓国国際に出ていたようです。
デビュー戦はソン・ワンホ(韓国)に負け1回戦敗退。

2010年

高校1年の年。

・4月 世界ジュニア ドロー
1回戦でズルファドリ・ズルキフリ(マレーシア)に負け。
この年の世界ジュニア優勝はヴィクター・アクセルセン(デンマーク)でした。

その他この年は大阪国際、韓国オープン(GP)に出ていますが、1~2回戦で負けています。


2011年

高校2年の年は下位カテゴリに4戦出場もやっぱり1~2回戦で負けています。
ジャパンオープンにも出ていますが1回戦負け。

・7月 アジアユース 試合一覧
準決勝でまたズルファドリに負け。

・11月 世界ジュニア 試合一覧
またまた準決勝でズルファドリに負け。ズルファドリはそのまま優勝しています。

・12月 全日本総合
準々決勝で田児と対決。


2012年

高校3年生、ジュニアレベルでブレイクの年です。

国際試合はGPやGPGなどにも出ていますが、あまり勝てません。
それより下のカテゴリでは2回戦突破できるようになってきました。
4月の大阪国際は準決勝進出(山田和司に負け)。
アジア選手権ではチェン・ジン(中国、2010年世界選手権優勝)と戦っています。



・7月 アジアユース 試合一覧
みごと優勝。


・11月 世界ジュニア 試合一覧
千葉で行われた世界ジュニアで優勝しました。
決勝の相手はシュエ・ソン(中国)。
ちなみに女子シングルスでは奥原が優勝、山口が準優勝しています。

準々決勝 vs Soo Teck Zhi(マレーシア)

準決勝 vs Heo Kwang Hee(韓国) 別角度

残念ながら決勝の動画は当時から無いっぽいんですよね。


・12月 全日本総合
2回戦 vs 竹村純

準々決勝 vs 田児賢一


続く。