タイ・ツーイン(Tai Tzu Ying)は台湾の女子シングルス選手。22歳、身長163cm、右利き。直近の世界ランキング(2017/05/11)は1位。2016年の賞金王です。

 直近2年ほどの戦績

 2016年のリオ五輪はベスト16位と振るいませんでしたが、同じ年の終盤から翌年半ばに掛けて、連続した6回のメジャーイベントを全て優勝という凄い戦績です。
 負けた試合はSSファイナルズのグループリーグの対スン・ジヒュン(韓国)戦の1敗のみで、その結果30戦29勝1敗です。優勝した大会は以下のとおり。

 2016香港オープン(SS)
 2016SSファイナルズ(SSF)
 2017全英オープン(SSP)
 2017マレーシアオープン(SSP)
 2017シンガポールオープン(SS)
 2017アジア選手権(SS格)

 以下のインタビューももちろんその話です。

Badminton Unlimited 第174回所収。

・スーパーシリーズに5連勝し、最近ではアジア選手権も優勝したタイ・ツーインがその結果を誇らしく思っているのは当然のことだろう。
・最近の彼女はキャリアでベストと言って良いプレーをしており、この好調は注目に値する。
TaiTzuYing001
タイ・ツーイン
「どの大会も勝てると思っていたわけではありませんが、いつも自分のベストを出し切れるようにしようと思っています
 それは良い試合を見たいと思ってやって来た観客をガッカリさせたくないからです。」

・昨年から連勝が続いていたが、香港オープンの優勝で世界ランキングで五輪チャンピオンのカロリナ・マリン(スペイン)を抜いて1位に躍り出た。

タイ・ツーイン
「香港オープンに出場する前、周りの多くの人たちが世界ランキングのポイントを計算して、香港オープンに勝てば世界ランキング1位になること教えてくれました。
 準決勝の対戦相手はカロリナ・マリンでした。彼女はとても手強い対戦相手ですから、仮に負けるとしても相手をできるだけ苦しめたいと思っていました。簡単に負けたくありませんでした。
 その試合に勝ち、また周りのみんなが期待してくれた通り決勝戦にも勝ち、世界ランキング1位になることができました。
 世界ランキング1位は特に目標としていたわけではありませんが、ベストのプレーを続けることができた結果ですから嬉しいです。」

・昨年の11月から、台湾のエースとして女子シングルスのヘッドラインを飾り続けている。母国台湾での注目はもちろんのことだ。
・周囲の人々の騒ぎとは逆に、タイ・ツーインは控えめで、世界ランキング1位にはしゃいでいるわけではない。

タイ・ツーイン
「世界ランキング1位になったことはゴールの一つというわけではありません。よいパフォーマンスを続けた結果で1位になることができたというだけのことです。
 1位をどれくらい保持し続けることができるかということもあまり問題ではありません。1位だからと言って、すべての試合に勝てるようになったわけではないからです。
 一つ良かったことといえば試合前に選手紹介をされるときに『世界ランキング1位の』と呼ばれるようになったことでしょうか。
 1週間か10年間かはともかく、保持している限り世界ランキング1位と呼ばれるわけですが、そう呼ばれてみるとやっぱり嬉しいものです。」

・タイ・ツーインの才能あふれるフェイント(deceptive shot)は対戦相手やそのファンにとっては悩みの種だ。
・本能的なフェイントのプレーで優位に立てることは彼女も分かっているが、一方でそれに失敗してしまうとリズムや自信を失ってしまうことも確かだ。
・今はできるだけそういうプレーを減らそうと考えているという。
・彼女によれば一生懸命フットワークをして試合中にバランスや安定感を保つことが好調のカギだったという。

タイ・ツーイン
「フェイントに頼るのではなくもっと正統派のプレーをしたいと思っています。
 今では対戦相手も私がフェイントが得意であることを知っています。
 もっと安定感のあるプレーをしてミスを減らし、ミスのせいで負けるようなことを減らしたいです。
 私はとても頑固な性格で、調子が悪い時にミスをしても同じショットにこだわり続けてしまって、同じミスを繰り返して失点を重ねてしまうという悪い癖がありました。
 今では調子が悪い時はフェイントを使うのは避けるようにしています。」

・スーパーシリーズ5連勝はまれに見る戦績だ。
・しかしタイ・ツーインは結果よりも、試合の中でどういうプレーをできるかという、内容の方に重点を移しつつある。
・それは、勝たなければならないというプレッシャーの中にいるよりも、よりリラックスしている方が上手く行くことが分かってきたからだ。

タイ・ツーイン
「結果よりは過程を重視しています。
 練習の中でかなり努力をしていますが、試合に簡単に勝ったようなときは、練習でやったことを試すことができません。
 試合に負けることもありますが、そんなときは練習でやっていたことを試してみて、そしてより大きな目標を実現したいです。」

・新女王の彼女は8月に行われる世界選手権では有力な優勝候補だろう。
・しかし世界選手権での活躍を期待してるファンはガッカリすることになりそうだ。


タイ・ツーイン
「今年の世界選手権は欠場することになると思います。
 今年は母国台湾で行われるユニバーシアード(world university games)に出場するからです。
 台湾がこのような大きな大会のホスト国になるのは初めてのことなので、台湾に残って手助けをしたいと思います。
 何かを得るためには何かを諦めなければなりません。
 世界選手権は毎年ありますが、台湾が大きな大会を主催することはこれまで何年も無かったことです。
 この大会に参加しなかったら後悔すると思います。
 次の年の世界選手権までこの好調が維持できると期待しています。」

・彼女のプレーを世界選手権で見られないのは残念だが、どんな試合に出ても彼女の不思議なプレーが私達を楽しませてくれることは確かだろう。


動画

2016香港オープン
決勝 vsプサルラ・V・シンドゥ(インド)


2016スーパーシリーズファイナルズ
グループリーグ vsラチャノック・インタノン(タイ)
グループリーグ vsスン・ジヒュン(韓国)
準決勝 vsスン・ユ(中国)
決勝 vsスン・ジヒュン(韓国)


2017全英オープン
準々決勝 vsプサルラ・V・シンドゥ(インド) 
決勝 vsラチャノック・インタノン(タイ)


2017マレーシアオープン
準決勝 vsスン・ジヒュン(韓国)
決勝 vsカロリナ・マリン(スペイン)

2017シンガポールオープン
決勝 vsカロリナ・マリン(スペイン)

2017アジア選手権
決勝 vs山口茜 ハイライト