[2017/12/09追記]
 2018年のカレンダーはこちら

----
 BWFから2018-2021年のトーナメントの体制について発表がありました。
 BWF LAUNCHES NEW EVENT STRUCTURE - BWF Fansite 2017-03-19

現状の格付けや賞金については以下を参照。
バドミントンの種目・国際試合の種類
試合の種類(BWFの規定)
スーパーシリーズの賞金総額一覧

 発表によれば新しい体制として大会は6つのレベルに分けられ、レベル1のSSファイナルの賞金が150万ドル、レベル2の3試合が100万ドル、以下の大会についても大きな変更があります。
 元の記事では国名のみしか書いていないため、(?)を付けたものは私の推定です。

従来SSPの5大会 従来SSの7大会
レベル大会2018年からの賞金総額
(最低限度額)
[USドル]
2017年の賞金総額
[USドル]
2017年までの
大会の格
1SSファイナルズ1,500,0001,000,000SSF
2インドネシアオープン1,000,0001,000,000SSP
中国オープン700,000SSP
全英オープン600,000SSP
3デンマークオープン700,000750,000SSP
マレーシアオープン600,000SSP
ジャパンオープン325,000SS
フレンチオープン325,000SS
中国マスターズ(?)150,000GPG
4韓国オープン350,000600,000SS
香港オープン400,000SS
シンガポールオープン350,000SS
インドオープン325,000SS
タイオープン(?)120,000GPG
マレーシアマスターズ120,000GPG
インドネシアマスターズ(?)120,000GPG
5オーストラリアオープン150,000750,000SS
台湾オープン200,000GPG
ドイツオープン(?)120,000GPG
インド(シド・モディ国際?)120,000GPG
韓国マスターズ(?)120,000GPG
ニュージーランドオープン(?)120,000GPG
スイスオープン120,000GPG
タイマスターズ(?)120,000GPG
USオープン(?)120,000GPG
マカオオープン(?)120,000GPG
スペイン国際(?)(?)IC

何がどう変わったのかを大雑把に言いますと
・SSFをレベル1とした(SSPよりはっきり上と位置づけた)
・SSPの5大会から3大会を選びレベル2とした
・レベル2から漏れたSSP2大会とSSの上位3大会をレベル3とした
・レベル3から漏れたSS4大会とGPGの上位3大会をレベル4とした
・レベル4から漏れたGPGのすべてにスペイン国際を加えてレベル5とした

その他いくつか気づいた点を言いますと
・SSファイナル500,000ドル増額
・ジャパンオープンは格が上昇、特に賞金は大きく上昇
・中国マスターズ(?)がSS相当のクラスへ復活(数年前までSSでした)
・韓国、オーストラリアが下降

レベルの改組の意図

 意図については会長のポール・エリク・ホイヤーは、ブランドイメージやテレビ放映での扱いをより良くするためというようなことを述べています。
 要はこれまでのSSプレミア5大会、SS7大会、そしてファイナルという形では、数も多くて世間もよく分かってくれないし、テレビも扱いが難しかったということでしょう。
 そこでまずSSファイナルをハッキリとビッグイベントとして打ち出す。それに次ぐ3大会を合わせてバドの4大大会だとすれば分かりやすいだろうということじゃないでしょうか。まあそれに加えて五輪/世界選手権があるんですけど、絞りこまれてスッキリしたのは確かです。

賞金について

 全体的に賞金は増加傾向のようなので良かったです。
 この賞金設定はちゃんとスポンサーが付いてくれるアテがあってのものだと信じましょう。

 SSファイナルは賞金総額150万ドルですが、仮にシングルスで優勝すると150万ドル*8%=12万ドルが分配されます。110円/ドルとすると1,320万円です。
 ダブルスなら150万ドル*8.4%=12.6万ドル。110円/ドルとすると1,386万円。さらに2で割って693万円が各選手に入ります。
 バドとしてはこれまでに比べるとかなりの賞金ですね。

オーストラリア

 オーストラリアの扱いが悪くなりすぎなのですが、2017年のスディルマン杯はオーストラリアでやりますし、なにか腑に落ちない感じです。
 もしかしたらですがSSファイナルがドバイからオーストラリアに移るのかもしれないですね。まったくの憶測ですが。