バドミントン観戦Tips

バドミントンの主に国際試合の情報、観戦に役立ちそうな知識など。リンクはご自由にどうぞ。

 福島由紀(24歳、164cm、右利き)/廣田彩花(23歳、170cm、右利き)は日本の女子ダブルスペア。
 直近の世界ランキング(2017/10/26)は5位。
 2017年マレーシア・オープン(SSP)優勝。2017年世界選手権準優勝。

Badminton Unlimited 第199回所収
 

要約


 ※相変わらず英語から訳すのでもともと本人たちがしゃべってる日本語とは違ってしまうというマヌケな状態ですが(゚ε゚)キニシナイ!!

----
 持久力、スピード、そしてパワー。現代のバドミントンの女子ダブルスはすべてのラケットスポーツの中でももっとも競争が激しいカテゴリーかもしれない。そのような中で日本はトップ10に4ペアも送り込むことに成功している。

 中でも世界ランキング1位の高橋/松友は最も有名なペアだが、世界の頂点を狙う位置に付けているもう1つのペアが日本の2番手、福島/廣田ペアだ。彼女たちは最近行われた世界選手権で、印象的な活躍を見せ、出場した日本ペアの中で最高となる準優勝を果たした。
Fukushima-Hirota001
 ↑福島(左) / 廣田(右)

廣田
「二人でメダルを目標にしていたので目標を達成することができてすごく嬉しいです。もちろん決勝で負けてしまったのでガッカリはしましたし、表彰台で銀メダルをもらうときに二人で表彰台の一番高い所に立ちたかったなと思ったりしたので、今は二人でもっともっと強くなっていきたいという気持ちが強いです。」

 東京のナショナルスポーツセンターで、現在世界ランキング5位の二人にグラスゴーで行われた世界選手権での素晴らしい活躍について話を聞いた。

 福島/廣田がペアを組み始めたのは4年前のことだ。2016年までに世界ランキング20位に入ることができた。
 そして2017年は世界的な注目を集める年になった。2017年はドイツオープン(GPG)優勝を皮切りに、2ヶ月後にはマレーシアオープンでSSプレミアの初優勝を飾り、一流選手の証と言っても良い世界ランキングのトップ10入りを果たした。

 彼女たちも存在を知られるようになったが、世間の注目はまだ高橋/松友に集まっていた。世界選手権では高橋/松友のほうに大きな期待が掛かる中、福島/廣田はそれほどプレッシャーを感じることなく、この重要な大会に臨むことができた。

世界選手権の福島/廣田の試合結果一覧

福島
「初めて出場する世界選手権だったので楽しみにしていましたし、それほどプレッシャーを感じませんでした。1試合目はさすがに緊張したんですが、その後試合を減るごとに落ち着いてプレーできるようになっていきました。」

 二人のプレーも試合を重ねるごとに良くなって行き、準々決勝では韓国の1番手、チャン・イェナ/イ・ソーヒーを2時間近い試合の末に下している。
 準決勝でもまた、ヨーロッパの1番手ペアであるユール/ペダーセンを相手に、ファイナルゲームまでを戦うスリリングな勝利を飾った。

2017年世界選手権WD準決勝 vs ユール/ペダーセン(デンマーク) ハイライト



福島
「ユール/ペダーセンは身長も高いですし、コート全体をカバーする力も高いペア。コーチたちにも注意するように言われましたが、大きなリードを許さないでついていくように心がけました。前日私たちは長い試合を戦っていましたが、デンマークペアもそうだったので、スタミナが勝負を分けると思っていました。そして自分たちは試合の流れを支配されないようにすることができました。」

 もう一方の準決勝で高橋/松友が敗れたため、優勝は福島/廣田ペアに託された。

廣田
「まず、あのデンマークペアに初めて勝てたことがすごく嬉しかったです。そしてもう1試合、決勝を戦えるということにとても興奮しました。」

福島
「廣田も言ったようにデンマークペアに初めて勝てたのは嬉しかったし、日本人が世界選手権の決勝に40年ぶりに進出したということを聞かされて、そのこともとても夢のようだったし、すごいことを成し遂げたんだなと思いました。」

 2日連続でのへとへとになるような試合の次に待っていたのはパワフルで攻撃的な中国ペアのチェン・チンチェン/ジァ・イーファンで、福島/廣田はこの相手に残る力のすべてをぶつけなければならなかった。試合はまたしてもファイナルゲームまでを戦うことになった。

2017年世界選手権WD決勝 vs チェン・チンチェン/ジァ・イーファン(中国) ハイライト



廣田
「正直今振り返ると第1ゲームを守りきれていたら試合に勝つこともできたかもしれないと思います。第1ゲームはリードして進めることができましたが、終盤になって集中力を欠いてしまい、リードを守りきることができませんでした。ラリー中にもうちょっと我慢することができたら勝てるチャンスがあったかなと思います。
 相手が高い打点でシャトルを捉えて攻撃的に打って来たときに、自分たちも強気に反撃するべきでした。第2ゲームを取り返したあとのファイナルゲームの序盤で相手にもっとプレッシャーを掛けられればよかったかなと思います。」

 もっと違う試合にできたのではないかという後悔はあるものの、それでも彼女たちと日本にとっては大きな出来事だった。
 高橋/松友が銅メダルを獲得したため、日本からは2ペアが表彰台に登った。
 しかし世界選手権の銀メダルは福島/廣田ペアにとってはまだ始まりにすぎない。

福島
「世界選手権初出場で準優勝という結果はとても嬉しかったし、一気に自信が付きました。決勝で負けたのはもちろん悔しくてガッカリしましたし、初出場で優勝できていたら凄くカッコよかっただろうなと思いました。次に決勝に進出できたときは勝ちたいです。」

 ここまで一気に急上昇してきた福島/廣田ペアにはその機会はきっとあるだろう。

動画

2015年 スコティッシュオープン[GP]

試合一覧
2回戦 vs ジュリー・フィン・イプセン/マイケン・フルーガード(デンマーク)
WD決勝 vs サマンサ・バーニング/アイリス・タベリング(オランダ)


2016年 ニュージランドオープン[GPG]

試合一覧
WD準決勝 vs セトヤナ・マパサ/グローニャ・サマヴィル(オーストラリア)
WD決勝 vs チャン・イェナ/イ・ソーヒー(韓国)


2017年 ドイツオープン[GPG]

試合一覧
WD準決勝 vs イザベル・ヘルトリッヒ/カルラ・ネルテ(ドイツ)
WD決勝 vs フアン・トンピン/リ・インフイ(中国)


2017年マレーシアオープン[SSP]

試合一覧
・WD決勝 vs フアン・ヤーチョン/タン・ジンファ(中国) ハイライト


2017年第43週(10/24-10/29) フレンチオープン[SS]

@フランス、パリ
badminton french open 2017

ドロー  / 試合一覧

日バ / レポート
バドスピ
BWF動画公式 > 動画リスト

・時差:日本が7時間進んでいる(サマータイム中、現地で12時開始→日本で19時開始)
 29日から8時間(サマータイム終了)

・日本人出場選手
MS 西本拳太 坂井一将 上田拓馬
WS 山口茜[5] 三谷美菜津 佐藤冴香 高橋沙也加 川上紗恵奈
MD 嘉村健士/園田啓悟[3] 保木卓朗/小林優吾
WD 高橋礼華/松友美佐紀[1] 福島由紀/廣田彩花[4] 田中志穂/米元小春[7] 松本麻佑/永原和可那
XD 小林優吾/松友美佐紀


次週2017年第44週(10/31-11/5) ビットブルガーオープン[GPG]

ドロー


過去のフレンチオープン[SS]

2016年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2015年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト

2014年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2013年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2012年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2011年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 


----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2017年国際大会カレンダー(BWF公式 / BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

@インドネシア、ジョグジャカルタ
・時差:日本が2時間進んでいる(現地で12時開始→日本で14時開始)

2017年第41週(10/9-10/14) 世界ジュニア選手権(混合団体戦)[BWF]

badminton world junior mixed team championship 2017

ドロー  > 日本はグループE > 決勝トーナメント試合一覧

日バ > レポート
バドスピ

BWF動画公式 > 動画リスト
  ・準決勝 日本vs中国
    

参加選手
 ・男子
  筑後恵太 金子真大 久保田友之祐 緑川大輝
  中山裕貴 奈良岡功大 大林拓真 山田尚輝

 ・女子
  林樂 岩永鈴 水井ひらり 齋藤夏
  水津優衣 鈴木ゆうき 高橋明日香 山口萌

2017年第42週(10/16-10/22) 世界ジュニア選手権(個人戦)[BWF]

badminton world junior championship 2017

ドロー / 試合一覧
日バ > レポート
バドスピ

BWF動画公式 > 動画リスト

・出場選手一覧
 ・MS 奈良岡功大[6] 大林拓真 嶺岸洸 緑川大輝
 ・WS 高橋明日香[7] 林樂 水井ひらり 鈴木ゆうき
 ・MD 金子真大/久保田友之祐[4] 緑川大輝/中山裕貴 筑後恵太/山田尚輝
 ・WD 岩永鈴/齋藤夏[13] 水津優衣/山口萌 林樂/由良なぎさ
 ・XD 大林拓真/齋藤夏 中山裕貴/山口萌 山田尚輝/岩永鈴 筑後恵太/由良なぎさ

----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2017年国際大会カレンダー(BWF公式 / BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

2017年第42週(10/17-10/22) デンマークオープン[SSP]

@デンマーク、オーデンセ
badminton denmark open 2017

ドロー / 試合一覧

日バ > レポート
バドスピ
BWF動画公式 > 動画リスト

・時差:日本が7時間進んでいる(サマータイム中、現地で12時開始→日本で19時開始)

・日本人出場選手
MS 西本拳太 坂井一将 上田拓馬
WS 山口茜[4] 奥原希望[8] 三谷美菜津 佐藤冴香
MD 嘉村健士/園田啓悟[4] 保木卓朗/小林優吾
WD 高橋礼華/松友美佐紀[1] 福島由紀/廣田彩花[4] 田中志穂/米元小春[6]
  與猶くるみ/福万尚子[8]
XD 小林優吾/松友美佐紀 保木卓朗/廣田彩花


次週2017年第43週(10/24-10/29) フレンチオープン[SS]

ドロー


過去のデンマークオープン[SSP]

2016年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

・日本人出場者
MS なし
WS 奥原希望 山口茜 佐藤冴香 三谷美菜津
MD 園田啓悟/嘉村健士 保木卓朗/小林優吾
WD 高橋礼華/松友美佐紀 與猶くるみ/福万尚子 松尾静香/内藤真実
XD 数野健太/栗原文音

2015年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト

2014年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2013年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2012年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2011年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2017年国際大会カレンダー(BWF公式 / BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

↑このページのトップヘ