バドミントン観戦Tips

バドミントンの主に国際試合の情報、観戦に役立ちそうな知識など。リンクはご自由にどうぞ。



 祝ユーバー杯優勝!
 今回は優勝を狙えると思っていた人も多いと思います。
 日本はもともと強い上に、開催国タイが頑張って中国を撃沈したため、予想外にあっさり優勝できました。

ユーバー杯 - Wikipedia
1981 Uber Cup - Wikipedia英語版

 最後に優勝したのは1981年大会で、このときは決勝でインドネシアに6-3で勝ち(当時はシングルス×5、ダブルス×4の計9試合で争った)、5回目の優勝を果たしています。
 というわけで今回2018年は6回目の優勝になります。
 男子が2014年に初優勝したのに比べると、女子は過去の黄金期で相当勝っていました。

 なお優勝回数1位は14回の中国で日本の6回はそれに次いで2位となります。
 以下インドネシア3回、アメリカ(!)3回、韓国1回。
 以上、wikipediaの受け売りでした(^_^;)



[1]WOMEN OF THE RISING ‘STUN’! – UBER CUP FINAL: TOTAL BWF TUC FINALS 2018 - BWF
[2]Japan crush Thailand to clinch first Uber Cup in 37 years - The Star
[3]Japan end 37-year wait with Uber Cup victory - BadmintonPlanet.com


山口茜
「昨日タイは中国に勝っていたので厳しい試合になると思っていました。
自分はちょっと緊張していました。
インタノン選手はコート奥からのショットが強力なので、いろいろなショットを打つことで彼女の体勢を崩し続けることを狙いました。
勝ててよかったです。」[1]

奥原希望
「この優勝は世界選手権優勝とはまた違って格別です。
チームメイトたちを信じていましたから、自分は自分のやるべきことに集中しました。
山口選手が1試合目を勝ってくれたのでチームのみんながいい雰囲気になりました。」[1]
「山口選手がまったく緊張したところを見せずにプレーしているのにとても勇気づけられました。
私たちはこの素晴らしい勝利のためにそれぞれの役目を果たすことができました」[2]
「たくさんの強豪国が出場した大会のでまた歴史を作ることができて嬉しいです」[1]
「試合前のパク監督が、タイのファンが全力で応援しても自分達の試合に集中するように指導したのがとても効果がありました。」[2]


 日本代表監督パク・ジュボンは女子の優勝は明日中国と対戦する男子日本代表を勇気づけるだろうと述べた。[1]

 タイ代表監督レキシー・マイナキー(※元インドネシア代表、アトランタ五輪MD金メダリスト)は日本代表の今大会の目覚ましい活躍を称賛した。
 今後タイ代表が中国や日本のような国と勝負できるようになるには、スタミナや体力を向上させる必要があるとのこと。[1]

 「我々は昨日の中国との熱戦のあとということもあり、ベストの力を出すことができなかった。
 初めて決勝にたどり着けたのは今後よりよい結果を出すためにはきっと大きな励みになるだろう。」[2]


11点5ゲーム制案は否決、現行の21点3ゲーム制を当面維持


 2018年5月19日、タイのバンコクで20日から行われるトマス杯・ユーバー杯に先立って同地で行われた2018年BWF年次総会で、11点5ゲーム制案が否決されました。つまり現行の21点3ゲームを当面維持です。代わりに高さが固定されたサーブのルールの方は採用です。
 ルール変更には投票したBWFメンバーの3分の2以上の賛成が必要でした。
試合方式、変更せず=東京五輪も21点3ゲーム制-バドミントン - 時事ドットコム

【バンコク時事】世界バドミントン連盟(BWF)は19日、バンコクで総会を開き、理事会から提案された11点5ゲーム制の導入を見送った。出席した日本協会の銭谷欽治専務理事によると、2020年東京五輪は現行の21点3ゲーム制で実施される。
 BWF理事会からの提案(Council Proposal)を見る限り、理事会側はかなり乗り気な感じがあり、またけっこう前の記事になりますがメディアにも採用を有力視する見方があったものの(たとえばこのブログにも載せた(><)この記事:11点5ゲーム制、正式採用へ - The Star 2017/11/30)、意外にも(?)否決されました。

 「BWF理事会からの提案」のFAQの中で採用時期については、「ルールの変更には総会での可決が必要で、2019年5月から始まる東京五輪レースに間に合わせるために十分な準備期間をとる必要があり、2018年5月の年次総会で決めれば間に合う」というようなことが書かれていました。

 ということは2019年の年次総会でもう一度投票ということではもう間に合いません。したがって少なくとも東京五輪は21点3ゲームでやる可能性が非常に高いということになります(じっさい上の時事通信の記事で銭谷さんもそう言っていますが)。

今回の変更案と投票結果


BWF KEEPS 3×21 SCORING SYSTEM
 - BWF 2018/05/19

 さて肝心の今回の変更案と投票結果は次の通りです。
 1. スコアリングシステムとコーチのアドバイスについて
 ・11点5ゲームマッチ。10-10となった場合先に2点差を付けた方が勝ち。ただし先に15点を取ったほうが勝ち。
 ・コーチによるアドバイスを減らす方向での変更。

 → 賛成129 vs 反対123 否決 投票総数252(可決には168票以上の賛成が必要)

 2. 固定された高さでのサービス
 ・サーブは打つ瞬間にシャトル全体が床から(現在試験されているルールによれば)115cmの高さより低い位置になくてはならない

 → 賛成177 vs 反対45 可決 投票総数222(可決には148票以上の賛成が必要)

 今回のBWFの記事中には言及がないものの、従来あった規定の「サーバーが持つラケットのシャフトは、シャトルを打つ瞬間に下向きでなければならない。」を廃止するという案もありました。
 廃止の趣旨は、サーブの高さがたとえば115cmと低く固定されればラケットの向きはそれほど問題ないだろう、もともとサービスジャッジがこれを確実にジャッジするのは難しかったし…というものです。
 おそらくこちらの廃止も可決されたのではないかと思いますが、今のところ分かりません。

変更点の整理


 以下の表の左はご存じ現行のバドミントン競技規則です。
 右は拙ブログの予想による変更後のものです。

変更前変更後(予想)
スコアリングシステム第7条 スコアリングシステム

第1項 マッチ(試合)は、特に定めなければ2ゲーム先取の3ゲームで行う。

第2項 ゲームで21点を先取したサイドがそのゲームの勝者となる。ただし、本条第4項、第5項の場合を除く。

第4項 スコアが20点オールになった場合には、その後最初に2点リードしたサイドがそのゲームでの勝者となる。

第5項 スコアが29点オールになった場合には、30点目を得点したサイドがそのゲームでの勝者となる。
第7条 スコアリングシステム

変更なし

 可決されていた場合は以下のように変更されたはずです。

第1項「3ゲーム先取の5ゲームで行う。


第2項「ゲームで11点を先取したサイドがそのゲームの勝者となる。」

第4項「スコアが
10点オールになった場合…」

第5項「スコアが
14点オールになった場合は15点を得点したサイドが…
エンドの交替第8条 エンドの交替

第1項  プレーヤーは、次の場合にエンドを替える。

(1) 第1ゲームを終了したとき

(2) 第2ゲームを終了したとき(第3ゲームを行う場合)

(3) 第3ゲームで、どちらかのサイドが最初に11点に達したとき

第8条 エンドの交替

変更なし

 この項目も5ゲーム制になった場合は変更されていたはずです。
 11点へ変更された場合ファイナルの第5ゲームは6点でエンドの交代と予定されていました。
サービス第9条 サービス

第1項 正しいサービスとは

(5) サーバーのラケットで打たれる瞬間に、シャトル全体がサーバーのウエストより下になければならない。ここでいうウエストとは、肋骨の一番下の部位の高さで、胴体の周りの仮想の線とする。

(6) サーバーが持つラケットのシャフトは、シャトルを打つ瞬間に下向きでなければならない。
第9条 サービス

第1項 正しいサービスとは

(5) サーバーのラケットで打たれる瞬間に、シャトル全体が床から(たとえば)115cmの高さより下になければならない。



(6) (削除?)
タイムアウト第16条 プレーの継続、不品行な振舞い、罰則

第5項 アドバイスとコートを離れることに関して
(1) シャトルがインプレーでないときに限り、プレーヤーはマッチ(試合)中、アドバイスを受けることができる。
第16条 プレーの継続、不品行な振舞い、罰則

第5項 アドバイスとコートを離れることに関して

 変更なし

 スコアリングシステムの変更は試合時間の短縮が主な趣旨で、そのためおそらくこの項目も変更が予定されていましたが、スコアの方が否決されたため、こちらも変更なしです。



 その2へ続く。

トマス杯・ユーバー杯の簡単な仕組みについてはこちら

2018年第20週(5/20-5/27)トマス杯・ユーバー杯決勝[BWF]

@タイ、バンコク
badminton thomas and uber cup final 2018

ドロー 
 ・日本男子:グループC > 決勝トーナメント表
 ・日本女子:グループA > 決勝トーナメント表
試合一覧

日バ > レポート
バドスピ > 女子決勝男子決勝
BWF動画公式 > 動画リスト

・時差:日本が2時間進んでいる(現地で12時開始→日本で14時開始)

・日本人出場選手
 ・男子:桃田賢斗 西本拳太 坂井一将 常山幹太
     嘉村健士/園田啓悟 井上拓斗/金子祐樹 遠藤大由/渡辺勇大
 ・女子:山口茜 奥原希望 佐藤冴香 高橋沙也加
     福島由紀/廣田彩花 高橋礼華/松友美佐紀 田中志穂/米元小春

過去のトマス杯・ユーバー杯決勝[BWF]

2016年

2016 ユーバー杯準決勝 韓国vs日本


ドロー 
 男子:A組決勝トーナメント
 女子:D組決勝トーナメント
試合結果一覧

公式サイト
・日程:5/15-22
・開催地:中国、江蘇省崑山
・時差:中国が1時間遅い(現地で12時開始 → 日本で1時開始)

・日本人出場者
男子
MS 佐々木翔、上田拓馬、坂井一将、武下利一
MD 早川賢一/遠藤大由、園田啓悟/嘉村健士、保木卓朗/小林優吾
女子
WS 奥原希望、山口茜、佐藤冴香、大堀彩
WD 高橋礼華/松友美佐紀、與猶くるみ/福万尚子、松尾静香/内藤真実

BWF公式動画リスト
・当ブログの動画リスト
 ・2016年トマス杯の試合動画(BWF公式)
 ・2016年ユーバー杯の試合動画(BWF公式)


2014年

2014 トマス杯決勝 MS3 ダレン・リュー(マレーシア) vs 上田拓馬(日本)


ドロー
 ・男子:グループB > 決勝トーナメント
 ・女子:グループZ > 決勝トーナメント

BWF公式動画リスト
・当ブログの動画リスト:2014年トマス杯&ユーバー杯の試合動画(BWF公式)


2012年

2012 トマス杯準決勝 MS1 リン・ダン(中国)vs佐々木翔(日本)


ドロー
 ・男子:グループB > 決勝トーナメント
 ・女子:グループD > 決勝トーナメント
BWF公式動画リスト 


2010年

・ドロー

----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2018年国際大会カレンダー(BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

2018年第19週(5/8-5/13) オーストラリアオープン [Lv5]

@オーストラリア、シドニー
badminton australian open 2018

ドロー / 試合一覧

日バ > レポート
バドスピ  > 決勝
BWF動画公式 > 動画リスト

・時差:日本が1時間遅れいる(現地で12時開始→日本で11時開始)

・日本人出場選手
MS 上田拓馬 五十嵐優 渡邉航貴 武下利一
WS 三谷美菜津[4] 齊藤栞[8] 峰歩美 仲井由希乃
MD 高野将斗/塚本好喜 岡村洋輝/小野寺雅之 松居圭一郎/竹内義憲
WD 新玉美郷/渡邉あかね[1] 櫻本絢子/高畑祐紀子[2] 仲井由希乃/小野菜保 柏原みき/加藤美幸 松山奈未/志田千陽
XD なし

次週2018年第20週(5/20-5/27)トマス杯・ユーバー杯決勝[BWF]

@タイ、バンコク
badminton thomas and uber cup final 2018

ドロー

過去のオーストラリアオープン

2017年オーストラリアオープン[SS]

ドロー / 試合一覧
BWF公式動画リスト 

・日本人出場選手
MS 常山幹太 坂井一将 西本拳太 上田拓馬
WS 山口茜[3] 奥原希望 三谷美菜津 佐藤冴香 大堀彩 高橋沙也加
MD 嘉村健士/園田啓悟[3] 遠藤大由/渡辺勇大 井上拓斗/金子祐樹 保木卓朗/小林優吾
WD 高橋礼華/松友美佐紀[1] 田中志穂/米元小春[7] 與猶くるみ/福万尚子[8] 福島由紀/廣田彩花 栗原文音/東野有紗
XD 数野健太/栗原文音 渡辺勇大/東野有紗 保木卓朗/廣田彩花 小林優吾/松友美佐紀

2016年オーストラリアオープン[SS]

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト
 ・QF - MS 佐々木翔 vs H・K・ヴィッティングス(デンマーク)
 ・QF - WD 與猶くるみ/福万尚子 vs チェ・ユージュン/キム・ジウォン(韓国)

・日本人出場者
MS 佐々木翔、上田拓馬
WS 奥原希望、山口茜、佐藤冴香、三谷美菜津
MD 早川賢一/遠藤大由、園田啓悟/嘉村健士
WD 高橋礼華/松友美佐紀、松尾静香/内藤真実、與猶くるみ/福万尚子
XD 数野健太/栗原文音、園田啓悟/福万尚子

2015年のオーストラリアオープン[SS]


2014年のオーストラリアオープン[SS]

 ・QF - MS 桃田賢斗 vs トミー・スギアルト(インドネシア)
 ・QF - WS 廣瀬栄理子 vs サイナ・ネワル(インド)
 ・F - WD 高橋礼華/松友美佐紀 vs ティアン・チン/ツァオ・ユンレイ(中国)
 ・F - MS リン・ダン(中国) vs シモン・サントソ(インドネシア)

2013年のオーストラリアオープン[GPG]

ドロー / 試合結果一覧

2012年のオーストラリアオープン[GPG]

ドロー / 試合結果一覧

2011年のオーストラリアオープン[GPG]

ドロー / 試合結果一覧

----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2018年国際大会カレンダー(BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

↑このページのトップヘ