バドミントン観戦Tips

バドミントンの主に国際試合の情報、観戦に役立ちそうな知識など。リンクはご自由にどうぞ。

試合とニュース一覧

・試合のデータ
・試合のリンクとニュース
・その他のニュース

基本的事項と詳しいルール

・バドミントン観戦のススメ
・バドミントンのデータ等
・国際試合の観戦について基本的なこと
・ルール等についてやや詳しい話

選手のデータやインタビュー等

・選手等データ
・インタビュー、紹介記事、発言等
 ・MS
 ・WS
 ・MD
 ・WD
 ・XD
 ・その他

動画その他

・動画
 ・再生について
 ・動画リンク
・各国のバド事情
 ・各国リーグ
 ・トリビア

2017年カレンダー

 [追記 2017/12/13]
 重要Badpalによれば、2018年からSSは「レベル2」(全英など)や「レベル3」などに改組されるが、これらの大会では予選が廃止されるとのこと。よって桃田が2018年の全英に出場するには32位ていどのランクが必要ということになる。
 一方で、日本代表以外の選手にとっては、これまで以上に代表とのポイント差を縮めるのが難しくなる。日本バドミントン協会が、国際大会に優先的にエントリーされる代表選手の人数枠を拡大したのに加え、今シーズンまでは「門戸が開かれていた」唯一のSS、自国開催のジャパンオープンも、レベル3(SSプレミア相当)に格上げ(=賞金総額倍増)されたことで予選もなくなり(※)、出場は実質的に不可能となった(※レベル2とレベル3は予選廃止。レベル4の予選枠は男子シングルスで16、その他種目で8まで)

Top shuttlers to face tough 2018 under obligation to participate 12 - Badpal 2017/12/11
 ↑ 赤字は引用者。
 レベル2や3などがどの大会かということについてはカレンダーを参照。

 従って、以下に私が書いたことはすべて2017年以前についての情報であって、2018年以降の予測には直接には使えません(特に予選はそもそも無くなってしまう)。ただレベル4のMSについてはこれまで通りなので、多少は似た感じなるかもしれません。

----
 MS(男子シングルス)でSS(スーパーシリーズ※)に出場できるのは世界ランキング何位くらいからだろうか?もちろん桃田が出られるかどうかという関心から調べたわけである。

 結論から言うと、大会にもよるが、本選から出るには28~35位以上予選から出るには44~55位以上は欲しいところである。詳細は下記。

(※2018年からSSはレベル2~4などに改組され呼称も変更される)

基本的な仕組み

↓2017全英オープンMS本戦トーナメント
tournament32MS

↓2017全英オープンMS予選トーナメント
tournamentQ16MS
 通常SSの本戦は32人(または32ペア。以下MSの話なので人で統一する)のトーナメントだが、本戦から出られるのは28人で、残り4枠は予選を勝ち上がった者に残されている。
 予選は16人で争われるので、2試合して勝ち残った4人が本戦に出られるわけである。
 たとえば2017年全英オープンの本戦予選のトーナメントは上図のようになっている。

要するに…
・エントリーした者のうちランク上位28人は本戦(Main)から出られる。
 →世界ランク28位以上なら確実に本戦から出場できる。
・エントリーした者のうちランク上位29~44人は予選(Qualifying)から出られる。
 →世界ランク44位以上は確実に予選以上で出場できる。

・エントリーは6週間前に締め切られるのでその直前のランクによる(日程表はこちら)。
・さらにメインのうち上位8人はシードされる。
・ちなみにSSプレミアについては世界ランク上位10人は出場義務がある。

2017年の全英オープンのエントリー状況


 さて実際はランキング上位の全員がエントリーするわけではない。
 2017年の全英オープンのエントリー状況は下のとおりであった。

↓ M&Qレポートver4、最終版
 開幕は3月7日、基準となる世界ランキングは1月26日
2016AllEnglandMS-MQ
 さすが全英オープン、Mの28人目は世界ランキング30位である(表の右から3列目がエントリー時の世界ランク)。つまり2人を除いて上位30人のすべてがエントリーしたわけである。単純に2人ケガだったのかもしれない。

 しかし予選(Q)になると途端に抜けが多くなり、44人目は世界ランク60位の西本拳太であった。
 2017年だけを見て判断するのは危ないが、昨年どおりなら60位以内であれば2018年3月の全英オープンには予選から出られるということになる。

 さらに実際には直前の棄権などが出るため、さらに若干名がリザーブ(R)から持ち上がることになる。このときの全英オープンでは本選で1人、予選で3人が直前で棄権したため、4人がリザーブから持ち上がった。

[追記]
全英のQ16人目は世界ランキング何位だったか調べてみると
・2016年 → 61位(ちなみに田児)。[.xlsx]2016年全英M&Qレポートver4
・2015年 → 57位
・2014年 → 64位
やっぱり60位くらいあれば(予選からだが)出場できるのではないだろうか。

2017年のSSすべてを見てみると


 …という感じで2017年のすべてのSSについて最終版M&Qレポートをまとめると下記の通り。
MQ-MS-004
 大会名が赤字になっているのはSSプレミアで、他はSS。

 メインから出られるのは世界ランクが平均33.17位以上。
 インドネシアオープンは唯一上位28人全員がエントリー。

 予選から出られるのは世界ランクが平均107.17位以上。
 この中で中国オープンの358位を除外した平均は84.36位、さらに韓国オープンの157位も除いた平均は77.1位であった。

 大会によって結構違うので、予選の平均はあまり役に立たず、各大会ごとに通年の平均を取るほうが役に立つだろう。誰かやってください。

 終わり。

2017年第50週(12/13-12/17) スーパーシリーズファイナルズ[SSF]

@UAE、ドバイ
badminton superseries finals 2017

ドロー / 試合一覧

日バ > レポート
バドスピ
BWF動画公式 > 動画リスト

・時差:日本が5時間進んでいる(現地で12時開始→日本で17時開始)

デスティネーション・ドバイ・ランキング
 →このランクの上位8人/8組が出場(ただし1国から上位2人/2ペアまで)

・日本人出場選手 [.pdf]リスト
MS なし
WS 山口茜 佐藤冴香 
MD 嘉村健士/園田啓悟 保木卓朗/小林優吾
WD 田中志穂/米元小春 福島由紀/廣田彩花
XD 数野健太/栗原文音

2018年第2週(1/9-1/14) タイマスターズ[Lv5]

@badminton thailand masters 2018
ドロー


過去のスーパーシリーズファイナルズ[SSF]

2016年

ドロー試合結果一覧
BWF公式動画リスト

2015年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト

2014年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2013年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2012年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 

2011年

ドロー / 試合結果一覧
BWF公式動画リスト 


----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2017年国際大会カレンダー(BWF公式 / BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

BWFのサイトのカレンダー(英語)の要約です。
・試合の格について今年から大きな変更がありました。こちらを参照。
・Lv6以上の試合に限りました。ただし第14週の大阪国際[IC]は入れました。
・ジュニアはユース五輪・世界ジュニア・アジアジュニアだけ入れました。
・2018年は五輪ではなく世界選手権、団体戦はトマス杯・ユーバー杯(偶数年開催)の年です。

大会の分類


レベル等 大会数 大会名
Gr1 1 世界選手権
Lv1 1 ファイナル
Lv2 3 全英 インドネシアOp 中国Op
Lv3 5 マレーシアOp 日本 デンマーク フランス 中国M
Lv4 7 マレーシアM インドネシアM インドOp タイOp シンガポール 韓国Op 香港
Lv5 11 タイM スイス スペインOp ドイツ ニュージーランド オーストラリア US 台湾 マカオ シド・モディ 韓国M
Lv6 11 オルレアン 中国Lv6 カナダ 日本M ロシア ベトナム ハイデラバード インドネシアLv6 オランダ ビットブルガー スコットランド
以下 インターナショナルチャレンジ[IC]
インターナショナルシリーズ[IS]
フューチャーシリーズ[FS] ほか
シニア団体戦 トマス杯・ユーバー杯[Gr1] アジア団体選手権 ほか
ジュニア ユース五輪 世界ジュニア[Gr1] アジアジュニア 他
※そのほか、4年に1回のアジア大会(8月)も重要なので↓の表では世界選手権と同じ色を付けました。


2018年国際大会カレンダー要約

 
日程大会名大会の格開催地
1月
209-14タイマスターズLv5タイ、バンコク
316-21マレーシアマスターズLv4マレーシア、クアラルンプール
423-28インドネシアマスターズLv4インドネシア、ジャカルタ
530-04インドオープンLv4インド、ニューデリー
2月
606-11アジア団体選手権大陸連盟マレーシア、アロースター
713-18ヨーロッパ団体選手権大陸連盟ロシア、カザン
820-25スイスオープンLv5スイス、バーゼル
927-04スペインオープンLv5スペイン、ビルバオ
3月
1006-11ドイツオープンLv5ドイツ、ミュールハイム・アン・デア・ルール
1114-18全英オープンLv2イングランド、バーミンガム
1327-01オルレアンマスターズLv6フランス、オルレアン
4月
1404-08大阪インターナショナルチャレンジIC日本、大阪府守口
1405-15コモンウェルスゲームスOtherオーストラリア、ゴールドコースト
1510-15中国Lv6Lv6中国、Ling Shui
1724-29アジア選手権大陸連盟(Lv3?)中国、湖北省武漢
1724-29ヨーロッパ選手権大陸連盟(Lv4?)スペイン、ウエルバ
5月
1801-06ニュージーランドオープンLv5ニュージーランド、オークランド
1908-13オーストラリアオープンLv5オーストラリア、シドニー
2020-27トマス杯・ユーバー杯決勝Gr1 Teamタイ、バンコク
6月
2412-17USオープンLv5アメリカ、カリフォルニア州アナハイム
2519-24カナダオープンLv6カナダ、カルガリー
2626-01マレーシアオープンLv3マレーシア、クアラルンプール
7月
2703-08インドネシアオープンLv2インドネシア、ジャカルタ
2810-15タイオープンLv4タイ、バンコク
2814-18アジアジュニア団体戦大陸連盟インドネシア、TBC
2919-22アジアジュニア個人戦大陸連盟インドネシア、TBC
2917-22シンガポールオープンLv4シンガポール
3024-29ジャパンマスターズLv6日本、秋田
3024-29ロシアオープンLv6ロシア、ウラジオストク
3130-05世界選手権Gr1中国、江蘇省南京
8月
3207-12ベトナムオープンLv6ベトナム、ホーチミン
3318-29アジア大会Otherインドネシア、ジャカルタ
9月
3604-09ハイデラバードオープンLv6インド、ハイデラバード
3711-16ジャパンオープンLv3日本、東京
3818-23中国オープンLv2中国、江蘇省常州
3818-23インドネシアLv6Lv6インドネシア、TBC
3925-30韓国オープンLv4韓国、ソウル
10月
4002-07台北オープンLv5台湾、台北
4007-12ユース五輪Otherアルゼンチン、ブエノスアイレス
4109-14ダッチオープンLv6オランダ、アルメレ
4216-21デンマークオープンLv3デンマーク、オーデンセ
4323-28フレンチオープンLv3フランス、パリ
4430-04マカオオープンLv5マカオ
4430-04ビットブルガーオープンLv6ドイツ、ザールブリュッケン
11月
4506-11中国マスターズLv3中国、福建省福州
4505-10世界ジュニア団体戦Gr1 Teamカナダ、TBC
4612-18世界ジュニア個人戦Gr1カナダ、TBC
4613-18香港オープンLv4香港
4720-25スコットランドオープンLv6スコットランド、グラスゴー
4720-25シド・モディ国際Lv5インド、ラクナウ
5027-02韓国オープンLv5韓国、ソウル
12月
--(ファイナル)Lv1TBC

↑このページのトップヘ