バドミントン観戦Tips

バドミントンの主に国際試合の情報、観戦に役立ちそうな知識など。リンクはご自由にどうぞ。

…という3分半の短いドキュメンタリーです。
 主に母親についてです。

 いまいち時系列が分からないのですが、インタビューの収録は2008年の北京五輪の直前で、その後に編集されたものでしょうか。

 

林丹の母(ガオ・シウユ、Gao Xiu Yu)
「 コーチたちが『彼には才能がある』と言ったのは息子がまだ9歳のときでした。小さな村にとどまっているのは才能の無駄遣いだというんです。 息子は『お母さん、行きたくない』と言いましたが、私は『そのうち訪ねていくからね』と答えて送り出しました。息子の将来のためにはちょっとした嘘をつかなければなりませんでした。」

林丹
「母に自分を連れ帰って欲しいと思い、ほとんど毎日のように手紙を書きました。」


「週に1回電話で話しました。」

林丹
「母の声を聞くだけでこみ上げて来ました。僕が泣き出すと母も泣いていました。」


「息子が泣いているのは分かりましたし、最初のうちはちゃんと話せないようでしたが、そのうち落ち着かせることができました。息子がかすれた声でしゃべっていたので泣いてるのが分かりましたし、私も泣いていました。」

林丹
「母が断固とした態度だったことには感謝しています。僕がどんなにお願いしても家に連れ帰ることはありませんでした。」


「半年もするうちに息子も変わってきました。コーチたちも息子のことをとてもよい選手だと言っていました。彼を行かせて正解でした。上達するに従って、息子も私達を必要としなくなっていきました。
 2004年の(アテネ)オリンピックでは、私たちはみんな息子のことを精神的に強靭だと思っていました。誰も一回戦で負けるとは思っていませんでした。敗退して息子も辛かったでしょう。息子には『負けたことをあんまり深く考えないようにしなさい。一からまたやり直せばいい。一つ一つの試合を大切に』と言いました。」


↑「リン・ダン、男子シングルスで史上初めて五輪2大会連続優勝を達成」
という2分程度の動画(オリンピック公式)
スマッシュを上から取るカメラワークかっこいいですね。


林丹
「自分のキャリアで一番自分を変えたのは、あの2004年のオリンピックの一回戦負けです。」


「それからの4年間は彼にとっても難しい時期だったでしょう。」

林丹
「この4年はとても消耗させられました。休みはありませんでしたが、母親と一緒のときだけは安心することができました。不安になったときは実家に戻って来ると母が落ち着かせてくれました。」


「どんな選手にも失敗はあります。でも林丹は決して諦めませんでした。彼はいつも前に進み続けました。
 彼がプレーしているところを見るのは緊張するので、試合はめったに見ません。でも今回は最後のオリンピックだから必ず見て応援します。」

林丹
「コートに一歩入ればそこは戦場ですし、究極の勝利のために戦わなくてはなりません。」


「彼は勝つべき試合はすべて勝ってきました。そして北京五輪が(?)最後のステップです。もし勝つことができれば完璧でしょう。」

林丹
「今はあまり勝ち負けにはこだわっていません。今は忍耐が必要な時です。あまり周囲の期待に影響されないようにしています。今一番大切なのは家族、そして母です。」

2008年 北京五輪MS決勝 vs リー・チョンウェイ(マレーシア)
ハイライト(五輪公式) ハイライト

 

2017年第17週(4/25-30) アジア選手権[SS格]

@中国、湖北省武漢市
asia championship badminton 2017

ドロー / 試合一覧

・協会レポート
バドスピ

※アジアバドミントン連盟(BAC)主催なのでBWFの公式配信はありません。

・時差:日本が1時間進んでいる(現地で12時開始→日本で13時開始)

・日本人出場選手
MS 上田拓馬、坂井一将、常山幹太、西本拳太
WS 山口茜[2]、奥原希望、佐藤冴香、大堀彩
MD 嘉村健士/園田啓悟[4]、遠藤大由/渡辺勇大、井上拓斗/金子祐樹、保木卓朗/小林優吾
WD 高橋礼華/松友美佐紀[1]、與猶くるみ/福万尚子[6]、田中志穂/米元小春、福島由紀/廣田彩花
XD 数野健太/栗原文音、渡辺勇大/東野有紗、高階知也/江藤理恵

次回 2017年第20週 スディルマン杯[BWF]

ドロー

2016年のアジア選手権[SS格]

ドロー
試合結果一覧

・日本人出場者
MS 佐々木翔、上田拓馬
WS 奥原希望、山口茜、佐藤冴香、橋本由衣
MD 早川賢一/遠藤大由、園田啓悟/嘉村健士
WD 高橋礼華/松友美佐紀、松尾静香/内藤真実、與猶くるみ/福万尚子、福島由紀/廣田彩花
XD 数野健太/栗原文音、園田啓悟/福万尚子

2015年のアジア選手権[SS格]

ドロー
試合結果一覧


----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2017年国際大会カレンダー(BWF公式 / BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

 スディルマン杯は2年に1回行われる男女混合団体世界選手権です。
 2017年は5月21-28日に行われるのでここで2年前を振り返りましょう。
 取り急ぎ日本が出た決勝、準決勝だけ載せました。
 オススメは準決勝の韓国戦です(^^;)

 日本がスディルマン杯の準決勝に進出したのはこれが史上初めてのことです。
 個人的には、前々からこの大会に向けて準備していたと思われるXD(ほぼ)専任ペアの数野/栗原の活躍が印象に残りました。

----
2015年 スディルマン杯 5/10-17@中国、広東省東莞市

・当時の世界ランキング(2015/05/07)
※以下の選手名の横に付けた[数字]は世界ランキングです。
 ただし団体戦のダブルスは普段組まないペアをぶつけてきたりということがありますので、ランクが極端に低いのはあまりアテになりません。

ドロー > 決勝トーナメント
BWF公式動画リスト 

決勝

決勝 中国vs日本


オーダー 試合結果一覧
1 MD フー・ハイファン/ツァン・ナン[8] vs 遠藤/早川[6]
2 WS リ・シュエルイ[1] vs 山口茜[12]
3 MS リン・ダン[2] vs 上田拓馬[25]
4 WD マー・ジン/タン・ユアンティン[19] vs 高橋/松友[1]
5 XD ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ[1] vs 数野/栗原[-]

…勝てる気しないのですが、なんとか高橋松友まで回してほしいところです…笑
 MSの桃田はメンバーには入っていますが負傷で出場選手からは外れています。

準決勝

準決勝1 中国vsインドネシア


オーダー 試合結果一覧
1 MD カイ・ユン/フー・ハイファン[-] vs アーサン/セティアワン[3]
2 WS リ・シュエルイ[1] vs ベラトリクス・マニュプティ[51]
3 MS チェン・ロン[1] vs クリスティ・ジョナタン[63]
4 WD タン・ユアンティン/ユー・ヤン[-] vs マヘスワリ/ポリイ[7]
5 XD ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ[1] vs アーマド/ナッチル[3]

…いかんせん中国相手では女子が厳しそうなインドネシア。
 MSには期待の若手、クリスティを抜擢しました。
 中国はMDにかつてのトップペア、カイ/フーで来ました。

準決勝2 韓国vs日本


オーダー 試合結果一覧
1 MD イ・ヨンデ/ユー・ヨンソン[1] vs 橋本/平田[13]
2 WS スン・ジヒュン[7] vs 奥原希望[10]
3 MS ソン・ワンホ[5] vs 上田拓馬[25]
4 WD チャン・イェナ/ジュン・キュンウン[75] vs 高橋/松友[1]
5 XD コ・スンヒュン/キム・ハナ[8] vs 数野/栗原[-]

…MD、MSは厳しいが何とか一方は勝ってほしいところ。

 WSの奥原は長期のケガもあり、当時は世界トップクラスに割って入れるかどうかという時期でした。その奥原が格上スン・ジヒュンに勝てるかどうかが一つのポイント。第1ゲームを見る限りとても勝てそうにないのですが…。

 WDは勝ってもらいます。
 そして最後のXD数野/栗原。このペアはこの大会に向けてペアを組み準備してきていたはずです。それまで日本にはXDの専任ペアを用意するという体制はありませんでした。
 対戦相手はこれまた格上の韓国ペア(のちに世界ランキング1位になる)相手にどれくらいやれるのか。

準決勝以下(作成中)



2017年第16週(4/18-23) 中国マスターズ[GPG]

@中国、江蘇省、常州市
china masters badminton 2017

ドロー / 試合一覧

協会レポート
バドスピ > QR1R2SFF
BWF動画公式 > 動画リスト

・時差:日本が1時間進んでいる(現地で12時開始→日本で13時開始)

・日本人出場選手
MS 常山幹太[6]、小野寺裕介、五十嵐優、下農走、奈良岡功大
WS 大堀彩[2]、峰歩美[3]、川上紗恵奈[5]、高橋沙也加、鈴木温子、斎藤栞
MD 井上拓斗/金子祐樹[5]、権藤公平/渡邊達哉
WD 松本麻佑/永原和可那、加藤美幸/柏原みき、松山奈未/志田千陽
XD 権藤公平/永原和可那

次週 2017年第17週 アジア選手権[SS格]

ドロー

2016年の中国マスターズ[GPG]

ドロー / 試合結果一覧

・日本人出場選手
MS 佐々木翔、武下利一、坂井一将、奈良岡功大、渡邉航貴、下農走、五十嵐優
WS 今別府香里、橋本由衣、峰歩美、川上紗恵奈、大堀彩、仁平菜月、高橋明日香
MD 園田啓悟/嘉村健士、佐伯祐行/垰畑亮太、井上拓斗/金子祐樹、保木卓朗/小林優吾、古賀輝/齋藤太一
WD 與猶くるみ/福万尚子、福島由紀/廣田彩花、米元小春/田中志穂、松本麻佑/永原和可那
XD 小林優吾/福島由紀、渡辺勇大/東野有紗、金子祐樹/永原和可那、古賀輝/米元小春
 
BWF公式動画リスト
 ・MS - F リン・ダン(中国)vsチェン・ロン(中国) ほか

2015年の中国マスターズ[GPG]

ドロー
BWF公式動画リスト
 ・SF - WS 星千智vsフイ・シルイ(中国)
 ・F - MD リ・ジュンフイ/リュー・ユーチェン(中国)vsワン・イルユ/チャン・ウェン(中国) ほか

----
・世界ランキング(トーナメントソフトウェア / BWFファンサイト)
・2017年国際大会カレンダー(BWF公式 / BWFファンサイト / 要約)
・tournamentsoftware(トーナメントソフトウェア)の見方についてはこちら
・トーナメントソフトウェアにドローがなかなか載らない場合はこちらを参照。 

↑このページのトップヘ